夏の寝苦しさから解放!? 今あるタオルでぴったりの枕、つくってみませんか?

ご覧いただき、ありがとうございます!

makura01

「ためしてガッテン」ほか、テレビでおなじみの整形外科医、山田朱織先生が提唱している、誰でも作れる枕を作ってみました。

これで、わたしは、寝ているときもつらかった五十肩の痛みが軽減! ころんころん、と左右に寝返りしやすいところがミソなんです。

あなたも、寝苦しい熱帯夜に備えて、タオル枕作ってみませんか?

 

スポンサーリンク

タオル枕づくり、用意するもの。

  • タオル、バスタオル、タオルケット
  • 座布団や玄関マット

タオル枕ですから、基本はタオルなんですが、50cm幅で、だいたい人差し指ほどの高さに積み重ねないといけないので、タオルだけだと、かなりの枚数が必要。

そこで、高さを出すために、タオルのほか座布団や玄関マットなどを活用するのも方法です。

わたしは、薄汚れて固くなってしまったバスタオルを使いました。雑巾にする前に、もう一仕事してもらうことにしました。固めの素材のほうがいいみたいですよ。使い古したタオルなら、気兼ねなくざぶざぶ洗えるし、通気性もいいのでオススメ。肌に触れる一番上のタオルだけ、やわらかいものを使えばじゅうぶんです。

肩側を直角に積み重ねるのがコツ

makura1816

快適な枕をつくるには、肩が触れる面を、敷き布団に対して直角になるように、丁寧にタオルを積み重ねます。また、横幅は、らくに寝返りがうてるように、50cm以上にします。

直角に積み重ねる理由は、首がもっともリラックスできる角度である15度になるようにするためです。この点だけは、気をつけて丁寧に。

最適な枕に調節する方法。

まずは、タオルを人差し指ぐらいの高さに積み重ね、仰向けに寝てみましょう。

胸のところで両腕を交差させ、左右にゴロンゴロンと寝返りしてみます。

ひっかかりを感じたり、寝返りしにくい場合は、タオルの枚数を加減して調整します。

スムーズにラクにゴロンゴロンできる高さを見つけましょう。

首の角度を確かめる方法。

最適な首の角度である15度ができているかどうかは、横を向いたとき、顔の真ん中から胸のあたりまでのラインが敷布団と平行になっているかどうかを見ればわかります。

分度器がなくてもだいじょうぶですね。

タオル枕のメリット。

タオル枕は、誰でもおうちにあるもので簡単にできるのがいいところですね。

何より低コストで自分にぴったりの枕ができるのがいい。

ただ、タオルがたくさん必要なことと、積み重ねて作るので、ばらばらになって、かたちが崩れやすいんですよね。まあ、これは、臨機応変に微調整できるメリットの裏返しの一面ですね。

古いバスタオルがたくさんある人は、ぜひタオル枕、作ってみて下さい。ほんと、気持ちいいですよ。

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク