「なでしこ健康生活」酵素玄米高圧炊飯器の本命か!

nadeshiko1221

圧力鍋で玄米を炊飯し、炊飯器の保温で寝かせて酵素玄米を食べています。これからもおいしい寝かせ玄米を続けていきたいので、圧力鍋を卒業し、酵素玄米専用の炊飯器を比較検討してます。

前回は「玄米Pro2」というのを紹介しました。「これがいいかなぁ」と思っていたところ、強力なライバルを発見してしまいました。

ほかにはクックの「圧力名人」しかないと思っていたのですが、「なでしこ健康生活」というのが同じような高圧炊飯器を発売してまして、ライバル機種とのわかりやすい比較表まで発表しているではありませんか! 本命かも。

美と健康づくりのための発芽玄米炊飯器「なでしこ健康生活」

「玄米Pro2」「圧力名人」との違い

詳しくはなでしこ健康生活のサイトにある比較表をご覧ください。

美と健康づくりのための
炊飯器「なでしこ健康生活」

ここではポイントをまとめてお伝えします。

比較表A社とあるのが「玄米Pro2」、B社が「圧力名人」と思われます。

「なでしこ健康生活」だけが国産自社工場製品

「なでしこ健康生活」だけが国産の自社工場製品なんですね。

「玄米Pro2」は国産企画なんだけど自社工場でない韓国製造品。「圧力名人」は企画製造ともに韓国で自社工場製品でもありません。

高圧炊飯器は消耗部品の交換が必須です。そこで気になるのがアフターフォローです。

「なでしこ健康生活」は5年保証

「なでしこ健康生活」はメーカー3年+公式ショップ2年の5年保証。国産自社工場でアフターフォローされます。

「玄米Pro2」はメーカー1年保証。+2年で3年保証してくれるショップもあります。「圧力名人」は3年保証。

いずれも窓口はそれなりにしっかりあるようです。交換部品の入手に困るようなこともなさそうです。

ただ「なでしこ健康生活」は国内に自社工場があるという点で安心感はあります。

酵素玄米専用高圧炊飯器の交換用パッキン価格比較

代表的な交換部品であるパッキンの値段を比較してみました。

「なでしこ健康生活」だけがダブルパッキンとしてますが、「圧力名人」もダブルパッキン仕様になったようですよ。でも、このダブルとシングルの違いがよくわかりません。

いずれも本体と外の蓋側の二つのパッキンが使われています。

buhin1136

高いから持ちがいいかどうかは不明。

なでしこ健康生活は非IHのヒーター加熱で電気代が一番安いらしい。

なでしこ健康生活はPro2と同じく非IHのヒーター方式です。

IHは電磁波が出てからだに悪いとか。オール電化でIHヒーターを使っているわたしとしては複雑な感じ。

酵素玄米、いわゆる寝かせ玄米は長時間保温し続けるので電気代は気になるところです。

なでしこ健康生活のデータによると、

nadeshiko1156

一番右側がIH方式の「圧力名人」、真ん中の水色が「Pro2」と思われます。

あらためて寝かせ玄米、電気代かかるってことがわかってちょっとショック受けてます。

電気がかからないに越したことはありません。

これはかなり判断に影響するデータになりそうです。

さらに「なでしこ健康生活」は公式ショップで購入すると、めちゃめちゃおまけがついてお得感満載なのもいいんですよね……。

唯一IH方式採用の「圧力名人」、かなり劣勢か、と思うでしょ。これがまた、なかなかの魅力があるんですよ。それでは次回お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください