50代でやっておきたい片づけ

ご覧いただき、ありがとうございます!

book-520626

この年になって毎日ちょこちょこまめに掃除するよさを知りました。できれば、これぐらいの掃除でおうち全体を小ぎれいに維持していきたい。というか、この先老いたとき、自分でできる掃除はこの程度がやっとだと思うんですよね。

いろんな事情でふだん手をつけたくないと思っている場所は、それなりの理由があるんです。50代のうちにつぶしておいたほうがよさそうです。

スポンサーリンク

ふだん立ち寄らない場所

brooms-779333.jpg

 余分な部屋、納戸、モノ入れ、押入れなど、わけのわからないモノが入ったまま見ないようにしている場所はありませんか? 見ないようにしているところは、ふだん使っていない場所なんですねよ。

そういうところは本来季節の家電や寝具、たまに使う必要な道具を収納し、イザと言うとき出し入れしやすくしておきたい。

そうすれば年老いたときも誰かに助けてもらいやすいでしょ?

こうしたところは時間をかけて何回も片づけます。いっぺんにやろうとすると疲れて投げ出すことになるのがおちだからです。小さく区切って短時間ずつ進めて行きます。広げ過ぎないのがコツです。何回も時間をかけているうちに、気持ちが変わって処分できるものが出てきたり、掃除しやすくするアイデアが浮かんできたりします。時間をかけるといいこともあるんですね。

部分的でもすっきりして使い勝手がよくなると、家族も喜んでくれますよ。

階段や廊下のつきあたり、部屋の隅など

隅っこってどういうわけかモノを置いておきたくなるんですよね。一時置きのつもりがすっかりモノの置き場所になってませんか? 床にモノを置き始めると掃除がたちまちおっくうになって、瞬く間にほこりのすみかになってしまいます。収納場所からあふれたモノは原則処分、といつも念じてます。

とはいえ家族の所有物はあたりまえのことですが勝手に処分できません。処分するよう依頼するのも疲れるだけなのでしません。「掃除するから」と言って、個人の場所に引き取ってもらってます。

ほうきやワイパーが使える余地をつくる

家具はほうきやワイパーが使えるすき間をあけて配置します。床にモノを置かないようにして、ほうきやワイパーが使えると、ふだんの掃除がぐっとラクにマメにできるようになります。

高い場所やせまいすき間もワイパーでかなりのところまで掃除できます。それでもできないところは無理してしません。

お気に入りワイパー

ハンディワイパーは100円ショップの安価なものからブランドメーカーのちょっと高いものまでたくさんあります。はじめは高いなぁと思っていたユニチャームのワイパーですが、なかなか優秀なので今では高いと思わないぐらい気に入ってます。もこもこだけでなく不織布のこよりみたいなのがついていて、全体に平べったいので垂直の壁やらせまいすき間のほこりもきれいに取れます。

【LOHACO】ユニ・チャーム ウェーブハンディワイパー

誰かに依頼する家事を想定しておく

 hand-66610.jpg

 年老いて自分ではできそうにない家事は、掃除に限らず、将来誰かに依頼することを想定して片づけます。誰かに依頼するかもしれない家事は、日常ではなく年に数回、あるいは病気などの非常時にとどめたいところです。

うちの場合

  • 季節の家電や寝具の出し入れ
  • すだれなど日よけの設置と片づけ
  • 庭木の剪定

といったところが考えられます。

誰にお願いするかもおいおい考えておかないといけないと思ってます。身近に気軽に頼める人がいない場合、どこに依頼すればいいかを調べておくと安心です。

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク