SakubunBlogはこちら。

【食費節約】わたしが玄米を安く買う方法

genmai-yasuku

玄米は精製米よりも割高なことが多いんです。それでも寝かせ玄米(酵素玄米)は食べ応えがあっておいしいので、うちは玄米食を続けています。

今回はわたしが少しでも玄米を安く購入している方法をご紹介します。

玄米なぜ高い? 玄米購入の注意点。

玄米を安く買いたいのは山々なんですが、安ければいいというわけにもいかないんです。これまで値段が安いと飛びついて、かえって損したことがあったからです。

玄米と言っても、玄米食用の玄米と精米する玄米とは違うんですね。いずれ精米して食べる玄米は精米する際に小石やゴミなどがいっしょに除去されるので、農家直販なんかでも問題ないんです。

ところが玄米のまま食べるとなると話が違います。玄米にはもみ殻や小石などいろんなものが混ざってるのが普通なんです。わたしも当初は洗うときに除けばいいと思っていたんですが、それが思っているほど簡単じゃなかったんですね。ちっちゃい石の粒なんかは必ず混ざってしまい、口に入るとゴリッとくるのがたまらなく不快。本来ざっと洗うだけで済むはずなのに、むちゃくちゃ神経質になってたいへんで、こりゃダメだと思ったのでした。

玄米食用の玄米として販売されている玄米は、そうした小さなゴミを選別して取り除く処理が行われているんですね。

農家はこうした玄米を調整処理するような機械は高価なので当然持っていません。一般的に低温保管するような倉庫もありません。だって農家は米を作るのが本業で、そのあのことまで手が回らないのが現実なんですね。

農家直販がいいように思いがちなんですが、玄米の場合はこうした調整処理が行われ、きちんと保管設備の整ったお米屋さんから買うほうが結局無駄がないんです。

だから玄米がある程度高いのは仕方ないところがあるんですね。

涼しい季節は玄米通販まとめ買いがおすすめ!

わたしは毎回10kgずつ購入してたんですが、この秋から思い切って25kgのまとめ買いで玄米費を抑えています。

https://homemaking.hanaranman.net/genmai-matomegai181031.html

どんと大袋入りだと保管に困りますが、小分けしてくれるお店もあるので保管も気になりません。うちでは10kg入る桐の米びつを愛用してます。虫が出たのは無調整の玄米を買ってしまったときの一回きり。それもぎょっとするほどの被害ではありませんでしたので、玄米の保管にはよいと思います♪

https://homemaking.hanaranman.net/sosyoku547.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください