手作り手縫いブラジャー簡単快適

tezukuri-tenui-bra

今年は自作の手縫いブラジャーが活躍してます。

ブラジャーは難しいと思ってたんですが、肩ひもとアンダーバストさえ調整できれば、ぴったり快適なのが案外簡単にできることがわかりました。

ただし、バストが豊か過ぎる人はちゃんと機能するかわかりません。

また、バストを寄せて上げるような機能ももちろんありません。

でも、好みの生地でストレスフリーなブラジャーができますよ♪

つれづれリメイク日和かやさんの手作りブラジャー

はじめて作ってみるのにおすすめの手作りブラジャーレシピです。

つれづれリメイク日和かやさんの手作りブラジャー

フロントで結んでアンダーバストを調整します。

型紙が直線の三角形なので、結ぶと半カップブラっぽいバストの谷間がスッキリ見える感じのブラジャーになります。

tezukuri-bra3

着脱しやすく、着け心地もラクです。

こちらは背中にダーツを入れるんですが、シンプルな直線の型紙なので、体型によってはぷかぷか浮いてフィットしない部分ができる可能性もあります。

そういうときは、肩紐の位置や長さ、フロントの結び加減で調整します。

わたしはパンツとお揃いのダブルガーゼで作りました。

こちらは全面裏布付きの二重仕立て。カップ部分は三重です。

かやさんの手ぬぐいブラのレシピのほうが、カップ部分のみ二重の一枚仕立てなので、フロントが結びやすいかもしれません。

かやさんの型紙なしで作れる手ぬぐいブラ

手縫いでもじゅうぶん作れますよ。

Norbulingka(ノルブリンカ)締め付けないブラジャーは完璧!

ノルブリンカの締め付けないブラジャーは、アンダーのフロント部分に通した紐で調節するブラジャー。

肩紐もパイピングしながら縫うなど、ちょっと凝ってて難しいところもありますが、非常によくできた型紙で、バストを全体的にサポートしつつ、すっきりしたかわいいデザインのブラジャーで、脇や背中部分もぷかぷか浮くようなところがない。

ノルブリンカの締め付けないブラジャー

わたしはリネンで作りました。

tezukuri-bra

はじめは動くたびにずれるので、失敗作と思ってたんですが、肩紐の長さを見直してちゃんと調節すると、動いてもずれなくなりました! 肩紐の長さが重要だったんですね。

ただ、こちらはかぶるタイプのブラジャーなので、着けるときはいいんですが、どうにも脱ぎづらい。

そこで、背中部分にスナップボタンをつけて開閉できるようにしたんですが、次回はフロント部分にスナップボタンをつけるようにして、より脱ぎ着しやすくしたいと思ってます。

手作りブラジャー手縫いで柔らかじょうぶ

ブラジャーは手縫いのほうがやわらかくじょうぶに仕上げられるんですよ。

ミシンのように細かな縫い目でなくても、手縫いはミシンに劣らないじょうぶな仕上がりになります。

洗濯にも負けません。

ミシンの準備や手間もなく、いつでも空いた時間にちくちく進められるのも手縫いのいいところです。

自分で使うものを作るって楽しいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください