片づけをプロに頼んだらいくらかかる?

please-donate-1421204 片づけ

どうしても片づかない。

それならプロに依頼する方法もある。

片づけっていったいどういうところに依頼すればいいんだろう。

スポンサーリンク

【片づけ】プロ片づけ業者の種類

【片づけ依頼】遺品整理業者

片づけのプロで一番メジャーなのが遺品整理を行う業者です。

遺品整理をしているところならたいてい不用品や引っ越しゴミの引き取りもしているようです。

最近はゴミ屋敷の片づけを請け負うことも多い。

オールサポートの作業実績例によると、

  • スタッフ3名
  • 2トントラック2.5台
  • 間取り3DK

の片づけで162,000円。

  • スタッフ2名
  • 軽トラック2台
  • ワンルーム

30分の片づけ。買取り製品が多かった例では21,600円。

人員や荷物の量、作業時間、ほかに車の利用や出入りのしやすさなどで料金が変わるそうです。



【片づけ依頼】不用品引き取り業者

不用品を引き取ってくれる業者です。

直接部屋に上がり込んで片づけてくれるかどうかはともかく、いらないものを運び出して処分してくれます。

遺品整理や引っ越しゴミの片づけも依頼できる場合があります。

【片づけ依頼】家事代行のオプションメニュー

家事代行のクリーニングメニューのオプション。

ちょっとした片づけが依頼できるところもあります。

このような場合、不用品の引き取りは行われません。

あらかじめ不用品を選別しておく必要があります。



おかたづけサービス

【片づけ依頼】依頼内容を明確にして見積もりを出してもらう

不用品を片づけてくれる業者の中には、処分しようと思っていなかったものまで無理に買い取ろうとする押し買い業者もいるので注意。

片づけよりも不用品の買取りに熱心な業者に片づけを依頼するのは考え直したほうがいいかもしれません。

頼めば何でもやってくれる「何でも屋さん」を兼業していることも多いので、あいまいな契約をすると、思いがけない高額請求をされてしまう恐れがあります。

見積もりのときにはかならず数人で立ち会い、よけいなものは見せない依頼しないことが大事。

片づけ範囲はきっちり決めて、かならず見積もりを出してもらってからゆっくり考えるだけの時間的余裕を持って臨みたい。

当日になってから契約以外のことをお願いしないこともトラブルを避けるために大切なことです。

片づけをプロに依頼する事態は通常ではないので、やはり数十万円と高額な場合が多いようです。

せめて自分の後始末ぐらいは自分でやって、余計なお金は使いたくないですよね……。


 

合わせて読みたい。こちらの記事もおすすめ♪

【家計の片づけ】今度こそ失敗しない家計予算の作り方
家計のデータがとれるようになると、ほんとは家計も予算で管理したほうがいいんですが、じつは新年を迎えるたびにチャレンジするものの挫折。ここ数年は予算づくりをあきらめてました。 今度こそ失敗しない家計予算でやりくりすると決意。本気で家計も...
【お金の断捨離】いきなり月20万生活はできないから、50代から家計の片づけ始めました。
50歳を過ぎるとねんきん定期便で年金の見込み額が知らされるようになるんですよね。ご存知ですか? ねんきんネットで調べることもできます。 なんか年金生活がだんだんリアルになってくるのを感じます。 生活を小さくせねばと思い出...
【断捨離】片づけにはお金がかかると肝に銘じて暮らそう。
うちの近くに何でもしてくれる「なんでもや」という便利屋さんがありまして、以前スズメバチの巣を除去してもらったことがあるんです。 そこでは不用品を何でも引き取ってくれます。もちろん引き取り料金が発生するんですが、買い取れるものは買い取っ...

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
片づけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
家事ブログ

コメント