「洗たくマグちゃん」のマグネシウムは捨てなくていい。

sentaku

「洗濯マグちゃん」は300回使ったら取り換えることになっています。

なぜならマグネシウム粒が磨り減って、じゅうぶん能力が発揮できなくなるからです。

つまり、量的な問題で汚れで変質するというわけではないんですね。

洗濯に利用したマグネシウム粒は劣化変質しないの?

洗濯マグちゃん、じつは地域によっては酸化して黒くなってしまう場合があるようです。水質の問題ですね。

メーカーの説明によると、通常洗濯機の中でマグネシウム粒がこすれ合うので、黒い酸化被膜はつかないそうです。それよりも摩耗して量が減ってしまうので、洗浄力が落ちるということでした。

また、酸化被膜については、クエン酸やお酢できれいに落とせるようです。

洗濯リンスにクエン酸を利用すると、マグネシウムに酸化被膜がつきにくいかもしれませんね。

sentakumg1616 【時短節約洗濯マグちゃん】1年たっても捨てない!黒ずんで洗濯効果が落ちたらクエン酸でパワー復活。

マグネシウム粒を足せば、洗たくマグちゃんは半永久的に使えます。

最近は洗濯用のマグネシウム粒が購入しやすくなってます。

(600g) 純マグネシウム粒 6~7㎜ 大きめの粒 純度99.95% 洗濯DIY
Findpronex Magnesium

マグネシウム粒を一年ごとに追加すれば、300回約一年使った「洗たくマグちゃん」も捨てる必要はありません。粒が磨り減って小さくなったからといって、洗浄力であるアルカリパワーがなくなってしまうわけではないからです。

追加しながら全体量を維持すれば、洗浄力も維持できるわけですね。

マグネシウム粒はほかの洗剤のように消耗しないので、水とお金が節約できてありがたいです。

ふだんの洗濯機洗いにはこれでじゅうぶん。

汚れ落ちが気になる方も多いようですが、うちの場合は一般の洗剤と大して変わらない感じです。

むしろ洗剤のほうがめんどうなことが多い。

「洗たくマグちゃん」はとくに消臭力が優秀で、香りでごまかさなくてもさっぱりすっきりなのがお気に入り。

クエン酸リンスを使わなくても洗いあがりはゴワゴワしません。ふんわりもしませんが。

何より洗濯機が汚れないので気持ちいい。カビが出なくなるんですよ。

肌の調子もいいです。

落ちにくい汚れは部分洗いすると割り切ってますが、その手間も全然気にならなくなりました。

洗濯もののニオイやカビの対処に比べたら何てことないからです。

洗剤でないと汚れは落ちないと思い込んでませんか?

洗剤を使ってほんとにきれいに洗えてますか?

洗剤不要のマグネシウム洗濯、「小さな暮らし」におすすめです。

sentaku-rinse1150 洗濯用クエン酸リンスを手作りしてみた sentaku-kabi 【洗濯】洗濯機のカビがなくなる洗濯方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください