締め付けない手作りブラジャー3つの注意点

tezukuri-bra-3point

パンツはすっかり手作りのものしか履かなくなりました。

ハンドメイドはふんどしタイプのフンティが人気なんですが、寒がりで冷え性のわたしはトランクス派。

tezukuri-pants 締め付けない手作りパンツがお気に入り

下着は市販のものは高価な割に、なかなか体型にぴったりくるものがありません。

だからといって、さすがに手縫いはめんどうくさいと思ってたんですが、あまりの快適さにもう作るしかないって感じです。

お気に入りの上質生地で安価にできる上にじょうぶで長持ちするのも気に入ってます。

で、こんどは夏のブラジャーに挑戦したい、と前々からいろいろやってみてはいるんですが、これが手間のわりに装着感がいまいち。

夏のブラジャーは装着感だけでなく、バストを隠すという大事な役割があります。これがなかなかの問題なんですね。

夏しかいらないブラジャー

そもそもブラジャーしない派のわたしなんですが、病院の検査とか、薄着の夏は、さすがにブラジャーしないと失礼な場合があるんですね。

できれば締め付けない、見た目も悪くない、らくちんなブラジャーがほしいと常々思っているのだけれど、これがなかなかむずかしい。

バストを楽にすると、胸が自由になり過ぎて、きちんと隠せない。バストをきちんと隠そうとすると、どうにも窮屈で暑苦しい。

胸は想像以上に行動範囲が広いのにびっくりする。

わたしのように小さなバストは、シミーズのバスト部分を二重にすれば事足りることも正直多いのだけれど、盛夏の重ね着は暑苦しいし、病院でノーブラというのは気恥ずかしい。

「寄せて上げて谷間作って」なんて言わなければ、ブラジャーなんて何でもいいように思うけれど、これがパンツ以上にちょうどいいのがない。しかも高い!

ブラジャーは合わないとまったく使わなくなるからもったいないことこの上ない。とてもお試しで気軽に買ってみようなんて気にならない。

これはもう作るしかない!

1.カップポケットは必須

布だけのブラジャーはラクなんだけど、からだに安定しにくく、動くたびにずれてバストが隠せなくなる場合も。

ところが、カップを付けるだけでブラジャーが安定するということが判明。

カップがあるだけで胸元もきれいに見える。

カップは薄いものでじゅうぶん。

手作りブラジャーは、カップを入れられる仕様で作ろう。

2.フロントタイプがおすすめ

バストは意外と動く。

安定しないで動くたびにずれるブラジャーではつける意味がない。

ブラジャーを安定させるのはアンダー部分。

ここが緩過ぎるとブラジャーが動いてずれてしまうし、きつ過ぎると苦しい。

この微妙な調節が無理なくできるのは、フロントで自由に結べるデザインと判明。

「つれづれリメイク日和」かやさんの手作りブラジャーがおすすめ♪

3.柔らか薄手の生地で作ろう

手作りブラジャーは、手作りパンツ以上に生地選びが重要。

コットン、リネン、シルクなど、いずれにしてもからだに沿う柔らかくて薄い生地がおすすめ。

わたしが最初に作ったリネンのブラジャーは、肌離れのよいしっかりした生地で、涼しいのはいいんですが、カップなしだったこともあって、とにかくずれやすくて使えない失敗作。

前部分の紐でアンダーバストが調節できるのだけれど、生地がしっかりし過ぎててからだに沿わない。

サラッとした涼しい生地を選ぶにせよ、からだに沿う程度には薄くやわらかなものが無難。

生地が薄くてもカップを付ければ透ける心配は無用。

手作りブラで猛暑を涼しく快適に過ごしませんか。

訂正

からだに沿わないしっかりめのリネン生地でも、カップなしでも、肩紐を見直してしっかり調整すれば、動いてもずれないことがわかりました!

tezukuri-tenui-bra 手作り手縫いブラジャー簡単快適

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください