台所のシンクで何でも洗ってごめんなさい。

sink arau

わたしは台所のシンク(流し台)でいろんなものを洗います。煮洗いする鍋も専用ではありません。

不衛生って言われるかもしれませんね。でも、台所のシンクが一番大きくて使いやすいし、煮洗いする鍋で食品を煮炊きするのにあまり抵抗ないんですよね。煮洗いすると、鍋もきれいになりますから。

うちの洗面台は、古くて小さな傷だらけのホーローで、バケツはもちろん、洗面器も置けない。

シンクが一番広々していて何をするにも便利なんですよ。

洗い桶がないシンクは掃除しやすいからいつもきれい。

sink54 シンクの洗い桶はいらない

シンクにモノを置かなくなると、自然といつもきれい。何かするたびに、シンクもついでにきれいに洗うようになったから。

さすがに靴を洗うことはないけど、庭でとったネギなど、土がついた野菜を洗うこともあれば、換気扇カバーもここで洗うし、手洗いの洗濯をすることもある。

ふきんやタオルは手持ちの鍋で煮洗いしている。

ちなみにバスタオルや大きなものは、洗い桶に熱湯を入れて風呂場でつけ置く。

食器はふきん、鍋はスポンジたわし、シンクは掃除用のスポンジと歯ブラシを使う。こういう道具も、なるべく少なくしたいのだけど、これぐらいはどうしても必要なんですよね。

ほかに食器洗いと過炭酸ナトリウムとクエン酸、さらに高濃度アルコールがあれば、何でもきれいにできるので、専用の洗剤は不要です。

ラクにきれいを維持する基本は、やっぱりモノを減らすことなんだなぁ。

シンクにモノを置かなくなって、つくづくそう思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください