【捨てられないモノ】洋酒の空瓶

suterarenai yosyubin

使わないモノは持ちたくないのだが、どうしても捨てられないモノがある。その一つが洋酒の瓶。

子どもの頃からどうもガラス瓶に弱くて、中でもどういうわけか洋酒の瓶が大好きだった。父への贈り物に、デパートまで行って、ミニボトルを選ぶのが楽しみだったくらいである。とにかくデザインが魅力的なのだ。

と言って、何かに使うわけでもない。もちろんお酒はほとんど飲まない。飲めないわけではないけれど、飲む習慣がないのだ。ガラス瓶は何かの拍子に割れるので、溜め込むと厄介である。

茶色の遮光瓶には、小豆を入れて保管していることもあるが、ほかにこれと言って用途がない。際限なく増えてしまうと場所をとる。

好きだからといって、並べて飾る趣味はない。埃がたまって掃除が大変になるだけだからだ。

というわけで、この箱に入る分だけ保管すると決めた。

yosyu-bin3

どんどん捨てるのもどんどん増えるのも精神衛生上よろしくない。

決まった量収集し、たまに「やっぱり素敵」なんて思いながら眺めるのもいいものである。これくらいならときどき眺めつつ、埃を拭き取るのも苦にならない。

この間の台風のときは、飲料水入れに活用できてちょっと嬉しかった。

使わないけど好きなモノは、少しぐらい持ってたほうが楽しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください