締め付けない手作りパンツがお気に入り

tezukuri-pants

型紙を買って「締め付けないパンツ」をちくちく手縫いするようになった。

これが想像以上に快適。

縫い目が多少雑で粗目でも案外じょうぶでまったく問題ない。

これだとちょっと高価な生地で作っても、買うよりはるかに安上がり。

古くなったリネンのワンピースを崩して作ったパンツ

Pants12
Pants11
うまくできるか自信がなかったので、お古のワンピースを裁断して試しに作りました。

縫い目はほんと汚くてお見せできません。

裁縫技術はともかく、リネンのいい生地なんですよぉ。

乾きが早く、夏だけでなく、冬も快適。

くたくたになったネルシャツで作ったパンツ

Pants13

こちらも古くなってくたくたになったネル地のシャツを裁断して作りました。

あたたかくてやわらかくてうっとりするほどやさしい履き心地です。

下着のパンツだからこれくらい派手でもだいじょうぶ。

縫い目が目立たなくていいですね。

新作はダブルガーゼの新しい生地で作ったパンツ

Pants10

はじめて新しい生地で作ったパンツがこちら。

ダブルガーゼはパンツにぴったりのやさしいソフトな生地ですね。

股マチの縫い合わせがちょっとむずかしい。

このトランクス型のパンツには、ひし形の股マチがついてまして、何も履いてないかのような履き心地なんです。

ぴったりフィットするパンツに慣れ親しんでいると、はじめはちょっと心もとない感じがしますが、すぐにこの開放感のほうがよくなりました。

ただ股マチ部分の縫い合わせがわたしにとってはちょっとむずかしくて、仕上がりが今一つ美しくない。(履く分には問題ないけど。)

空間認知能力が低いせいか、どことどこをきちんと合わせて縫えばきれいに仕上がるのか、わからないんですよね。テキトーに縫うので、いつもちょっとちぐはぐ。

たまに思いついてちくちくするだけの裁縫技術はいっこうに上達しません。

まち針で留めるだけでなく、こんどは接着テープか何かでちゃんと形を作ってから縫ってみようと思ってるんですが、そのこんどがまたいつになるかわからないので忘れそう。

この股マチがラクな履き心地をつくっているんですよね。だから股マチなしのパンツのほうが簡単に作れそうなんですが、股マチ付きにこだわって手作りしてます。

きれいな股マチの縫い合わせ方、教えてほしい……。

下着は買うと高価なので、手作りすると上質生地のものが格安でできます。手縫いでちくちくしてもそんなに時間もかかりません。

よろしかったら作ってみてくださいね。

締め付けないパンツの型紙はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください