鼠径部(そけいぶ)を締め付けないパンツ

tenui pants

鼠径部(そけいぶ)を締め付けないほうがいい理由

鼠径部(そけいぶ)というのは、足の付け根部分のこと。一般のパンツは、ちょうど鼠径部分(そけいぶぶん)をゴムで締め付けるデザインのものが大半です。

鼠径部分(そけいぶぶん)を締め付けない方がいいということは、わたしも知りませんでした。

鼠径部(そけいぶ)を締め付けると、血流やリンパの流れが悪くなり、冷えやかゆみ・痛みの原因になるほか、ストレスの原因になることが少なくないそうです。

わたしは更年期ごろから履き込みの浅いパンツが嫌になり、気に入ったパンツを探してもなかなか見つからなくて困っていました。そこで仕方なく、自分で作るようになったのでした。

手縫いパンツ以外履けなくなるほどの快適さ

ノルブリンカの締め付けないパンツは、鼠径部(そけいぶ)を締め付けないのはもちろん、ふんどしパンツはどうも落ち着かないという人にも安心なトランクスデザインです。

特筆すべきはひし形の股マチパターンです。これが他では滅多に見られません。これが本当に何もつけていないような楽な履き心地かつ安定感をもたらしてくれます♪

手縫いするとき、この股マチがちょっと難しいのですが、上手に縫えなくても案外わからないもので、それなりにできます。手縫いのほうがやわらかく丈夫に仕上がります。

あまりの快適さに、わたしのパンツは今ではすべて自作の手縫いパンツです。

手間はかかりますが、好きな布でぴったりサイズのものができる上、低コストで上質パンツが出来上がりますよ。

手縫いパンツのこと

市販のおすすめパンツ

女性用のトランクスタイプのパンツは市販では今もなかなか見つけるのが難しい。

楽天ショップのこのトランクスは、高価ですが人気のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください