手縫いパンツのこと

手縫いで作るパンツのよさは、これまでに何回も書いてますが、また書きます。

つたない裁縫スキルでも、これ以上快適なパンツは他にない。

とにかくノルブリンカの締め付けないパンツの型紙が絶妙!

ノルブリンカのパンツにはひし形の股マチがついている。

こういうパターンはほかで見たことがない。

この股マチ部分をきれいに縫い合わせるのが難しいので、股マチがないもっと簡単なパターンで作ろうかと何度も思ったのだけれど、これがあるから何も履いてないかのように快適なんですよね。

どんな動きをしてもひっかからない。スパッツやパンツを上から履いて多少抑えられるようなことがあっても、ふしぎと気持ち悪くない。もたついたりつっぱったりすることがないのだ。

たっぷり布を使ったノルブリンカの型紙のよさだと思う。

似たようなパンツを見つけた。2枚の生地を縫い合わせ、脇に縫い目がないところが似ている。

room_pants

ルームパンツSUNSPEL weeksdays

これは下着ではなく、下着の上に履くパンツらしいが、6,000円は手が出ない。

そう、下着はちょっといい素材のものはたいてい高価で困る。その割に気に入ったものがなかなかない。

朝ドラ女優の戸田恵梨香さんは物持ちがいいらしくて、パンツは捨て頃が肌になじんで捨てられない、というような話をしていて共感。手づくりパンツは何回でも繕えるから長く履けていいんですよね。

ノルブリンカのパンツはパカパカし過ぎず、インナーとしてしっくりくるデザイン。

norbulingka-pantsu

ネルやダブルガーゼで作ると、これからの季節、冷えなくてあたたか。

ぜひ一度、ちくちくしてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください