最新!脱力系らくちん鍋磨き術

nabe

力がなくても時間がなくてもコゲが落とせるクリーナー

なべ底は放っておくとみるみる茶色になって、失敗すると真っ黒にこげます。

若い時はゴシゴシこすったり、時間をかけて過炭酸ナトリウムパックをするのも楽しみの一つだったのですが、年々力仕事も時間がかかることもおっくうになりました。

今のお気に入りは「さびとりつや乃助」というさびとり剤です。クリームクレンザーですね。金属のさびや油汚れを落とすもので、炭のようになった真っ黒コゲはすぐには落ちないかもしれませんが、ふだんのコゲはちょちょっとこすればすぐに落ちます。ただ機械油のようなにおいがするので、鍋裏にどうしても落ちないコゲがあるときだけ使ってます。強力です。

ふだんの鍋磨きには、ハイネリーという半練り状の石けんクレンザーを使います。

鍋底の茶色がきれいにとれて気持ちいい。これはIHのガラストップにも使えて便利。

なかなか減らず、相当長持ちしそうですが、ちょっと入手しにくいのが欠点です。amazonではよく似た「ハイホーム」という商品しかありませんでした。以前購入した楽天ショップにもなくなっていて残念に思っていたら、別の行きつけ楽天ショップに「ハイホーム」がありました。

こうした昔ながらのシンプルな石けん製品を作っているのはマイナーな中小企業です。原材料は輸入だろうし、なかなか経営が難しくなってきそうです。でも、これからも使いたいと思うので、こういう企業こそ支援していただきたいと思うばかりです。

【令和・早い者勝ちセール】ハイホーム 400g 本体 半練りタイプのクレンザー (台所用洗剤)(4931546422420)

鍋裏ちょこちょこ磨き

家事に時間をかけるのも、力を入れるのも年々おっくうになってきました。

それでも鍋裏がうっすらとだんだん色づいてくるのは気になります。鍋をきれいに磨くのが気晴らしにもなっているわたしとしては、ちょこちょこまめに軽く磨くのが習慣です。

まめにちょこちょここする程度で落ちる汚れぐあいを維持したいところです。

鍋裏がきれいとIHも汚れにくい

鍋裏がきれいだと、IHのガラストップも汚れにくいんですよね。鍋裏のコゲがIHにうつるのでしょうか。

IHのガラスも鍋裏同様、すぐに茶色い焦げがつきます。ところが鍋裏のように、たわしでゴシゴシこするわけにもいきません。それでもどうしてもコゲを落としたくて、あれこれやったのがいけなかったのか、少々傷がついてしまいました。雑な調理でできた傷かもしれませんが。

もっと早くからハイネリーを使っていればよかった。そうすれば、こんな傷をつけずにすんだかも。傷を見るたびくよくよと後悔しきりです。

ゴシゴシ磨きがつらくなってきても、いろいろな助けを借りながら、これからも鍋磨きを楽しんでいけたらいいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください