アルカリ洗濯の効果について

alkali sentaku

洗濯マグちゃんがアルカリ洗濯をするきっかけになりました。実際に洗濯ものの消臭効果はあると思う。でも、マグネシウム粒だけで洗濯する場合は、かなりの量が必要な気がして、マグネシウム粒を増量し、さらに過炭酸ナトリウムを加えて洗濯するようになった。

毎日の洗濯にはこれでじゅうぶんだと思っていたのだけれど、結局襟汚れなどの部分洗いや作業着を洗うのに洗剤を使うようになっている。

そんなとき、アルカリ洗濯の効果に疑問を唱える記事を見つけた。

uki☆uki☆せっけんライフ

アルカリ剤の洗浄力は洗濯には向かない

アルカリ洗濯は効果あるの?

この記事の実験結果に正直「やっぱり」って納得してしまった。

洗濯マグちゃんのサイトによると、マグネシウム粒によってできるアルカリイオン水の洗浄力で洗剤の量を半分にできるとか、単品でも洗剤と同レベルの洗浄力があると書かれている。

マグネシウムで洗う?

上の記事の実験によると、マグネシウム粒を多少入れたくらいでは、水がアルカリイオン水に変わることはなく、つまり洗浄力を発揮するのは疑わしいということのようだ。

わたしは石けんや洗剤の界面活性剤がなくても、アルカリ剤の洗浄力で洗濯できると思っていた。実際に重曹やセスキで換気扇などの掃除はできるからだ。

しかし、ざぶざぶと大量の水を使う洗濯については、アルカリ剤の洗浄力を発揮させるのは難しいのかもしれない。

科学的なことはわからないけれど、マグネシウムとアルカリ剤で洗濯をしてみて、消臭力はあると思うし、洗濯機が汚れない点も気に入っている。ただ洗浄力については、石けんや洗剤に比べると明らかに劣ると実感している。

sentaku181105 【節約洗濯】洗濯コストが馬鹿にならないから脱洗剤洗濯! laundry-963150 洗濯ものがにおわない、洗剤なしのマグちゃん洗濯に落ち着きそうな気配

アルカリ洗濯はエコじゃないかも

それでもふだんの洗濯には石けんや洗剤を使わないほうがエコだと思っていた。

一度でも着たり使ったものは、軽い汚れであっても、洗うのがあたりまえになってしまっているからだ。一度着用した程度の皮脂や汗などの汚れは、アルカリ洗濯でもじゅうぶんである。

しかし、襟や作業着を別に洗剤で洗うことになるんだったら、ふだんのアルカリ洗濯は、無駄に水洗いしているだけなのかもしれない。

むしろふだんから石けんや洗剤できちんと洗濯するほうがエコなのではないか。そう思い出している。

またあらためて、石けんや洗剤について勉強しなくてはと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください