全身洗浄に固形石けんがいい理由

sekken zenshinarai

何回目だろうか。マイ石けんブーム到来中のわたし。全身湯洗いが基本なんですが、ときどきワンポイント的に使うならやっぱり石けんがいいと実感中。

固形石けん選びで失敗しないために知っておきたいこと

石けんがからだにいいというけれど、肌に合わないという話をよく聞く。そういう方にぜひ知ってほしいのが石けんの製造方法による違いである。

まず、比較的安価な量産石けんは中和法という方法で作られている。石けんの原料である油脂は、脂肪酸とグリセリンからできているが、中和法ではグリセリンを除いた脂肪酸だけで作る。短時間で効率よく生産できるため、ほとんどの石けんはこの方法で作られている。原料の無駄がなく洗浄力が高い。その代わり皮脂をとり過ぎるのがとくちょうだ。

量産石けんは変質を防ぐため、酸化防止剤や金属封鎖剤といった添加物が避けられない。後からうるおい成分を添加しているものもある。でもこうした添加物が敏感肌に刺激になる場合があるのだ。

無添加石けんといわれる石けんは、鹸化法あるいは釜焚き法といわれる方法で作られている。原料の油脂をそのまま高温で釜焚きし、あとから不純物を取り除いて作る。中和法より時間はかかるが、グリセリンなどの有効成分を残すことができる。ただし、油脂を高温にさらすので、デリケートな油脂は使えない上、酸化するリスクも高い。手間がかかる上に技術も必要らしく、かなり高価になるが、シンプル組成なので安心。

理想の石けんは、原料の油脂を低温のまま石けんにするコールドプロセス製法で作られたもの。これは釜炊き法よりさらに時間と手間がかかる。しかし、油脂の有効成分をそのまま石けんに閉じ込めることができるので、皮脂をとり過ぎないどころか、しっとり感のある洗いあがりの肌にやさしい石けんになる。当然高価。

高価なのにはそれなりの理由があるのだ。石けんの製造法は石けんのランクと言えなくもない。いちど製造法にこだわって選んでみるといいかもしれない。

お買い得な石けんは原料よりも成分で選ぼう

高価な石けんは高級な原料を使っているからからだにいいと思っていた。しかし原料油脂のベースになる成分はオレイン酸が中心でいずれも変わらないという。高価な理由は、酸化しやすく扱いが難しいとか生産量が少なく希少であることが理由で、安価な原料油脂を使っても、じつは同じような石けんができるとか。

手作り石けんのウソ、ホント 高価な油を使えばいい石けんができる? より

どんな油脂で作った石けんがお肌にいいか? 参考になる記事がこちら。

石けん作りに使う油の性質

手作りしなくても、肌にやさしい石けん選びに大いに役立てたい。

高品質コールドプロセス石けんお試し

シャンプーにおすすめという「五島つばき」と「オレゴンの泡」を購入してみた。またそのうちレビューします。

固形石けんは、シンプル組成で余計な添加物を加えなくても肌にうるおい成分を残すことができる。だから全身洗浄には合成洗剤よりも固形石けんがいいのだ。

全身湯洗いしていると、たまに石けんで洗ったほうがすっきりしっとりするのがよくわかる。石けんのうるおい成分がからだを包んでくれるからだ。水道水で肌が荒れる場合もあるので、たまには良質な石けんでやさしく洗おうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください