お金を使わない「小さな暮らし」を充実させる3つのコツ

okane-tsukawanai-kotsu

お金が稼げないならせめて使わない。

今のわたしにはそっちのほうがかんたんです。

お金がかかる人づきあいを整理する。

子どもが小さい頃は、ママ友づきあいで飲食をともにすることがありましたが、子どもの成長とともに切れました。

家族以外の人と話さない日のほうが多い生活です。

このまま年を重ねてだいじょうぶかと思わなくもないけれど、お金を使わないという意味ではいい環境です。

ただし町内会など、当番や依頼されたお仕事については、無理のない範囲で引き受けます。

積極的にはしないけど、来るものは拒まない。これが付かず離れずのコツ。人づきあいを拒絶しない態度は大事。

世渡りのさじ加減は自分基準でいい。無理をしてもいいことはないからです。

経済的あるいは精神的に苦痛な人づきあいに巻き込まれやすいのは、おそらく断れないやさしい人。本気で抜けたいと思っている場合は、3回に1回は都合が悪いと断ることから始め、徐々に影を薄くして遠のくのがおすすめ。

だけどとても便利に使われているような場合、相手がなかなか離れてくれないこともあるようです。そんなときは、きっぱりとした断りの態度を示すことも必要です。

勇気を出して、人づきあいは自分でコントロールするようにしたい。

お金を使わない「小さな暮らし」は余裕がある間に準備

お金のかからない楽しみの一つに読書があります。図書館で借りればお金はかかりません。

わたしはテレビやインターネットを見るのも好きです。

何か特別なことをするのが楽しみとは限りません。

気が向いたときにすることは、家事でも何でも楽しいものです。

わたしは鍋磨きや拭き掃除が好き。

でもこうしたことは時間に余裕がないとなかなか楽しめないんですよね。

いくら好きなことでも、時間がない中「やらないといけない」ことになってしまったら、途端におっくうになります。

お金儲けに費やす時間が増えると、時間に余裕がなくなります。

本当にこれだけたくさんの時間を切り売りしないといけないか?

使うお金を減らしてお金儲けの時間を節約することはできないか?

あるいはもっと時間をかけずに儲ける方法はないものか?

まだ余裕があるうちにいろいろ考えておきたい。

持ち時間には限りがあるからです。

時間を使ってお金を稼ぎ、そのお金を使って生活する。

回し車のハムスターのよう。

たまには回し車から降りたい。

その方法の一つがお金を使わない「小さな暮らし」にシフトすること。

お金を使わない時間が増える睡眠時間最優先生活

意外と寝る楽しみを知らない人が多い。

寝る時間がもったいないと言う人までいる。

寝ていられないような忙しいときでも睡眠を優先し、たっぷり寝たほうが効率がいいことは、さまざまな実験で証明されています。

睡眠時間が短いと、寿命が短くなることもわかってきてます。

睡眠時間を削って働いても、何のメリットもないんですよね。

それより何より、睡眠時間がじゅうぶんとれているときの満足感、充実感、爽快感を知らないのは、実にもったいない。

睡眠時間を優先して増やせば、お金を使う時間が減らせます。

睡眠時間最優先生活は人生を変えます!

2 COMMENTS

つぶあん

度々コメントしてすみません。私もおかしさんと似ているとことがあって、人好きあいが苦手、一人時間が大好き、出掛けるより、家の片付けをしたり、鍋を磨いたり、晴れた日に大量の洗濯をしたりが大好きです。友達と話しても話題についていけない。人からはつまらない人生に思われても自分が良ければ良し!ですよね。私もおかしさんの影響で睡眠時間優先の生活になりました。夜中に度々目覚めることもありますが、とにかく寝ること優先にしています。今日も朝から元気をいただきました。ありがとうございました。

返信する
おかし

似た者同士なんですね。
メッセージはいつでも大歓迎です!
わたしも元気をいただいてます。
ありがとうございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください