着物リメイクすごい

kimono remake book

ノルブリンカの締め付けないパンツを手縫いしている。ひし形の股マチの縫い付け方が我流なので美しくない。縫い代の処理が適当だからだ。そんなとき、着物リメイクで有名な松下純子さんという方の本にあるパンツのパターンには四角のマチがついており、縫い方がわかりやすく説明されているらしいことがわかった。

手縫いパンツのこと tenui kiji 下着を手作りすると、生地の良し悪しがわかる

縫い代は縫わない?

確かに股の縫い合わせの説明があり、手順が丁寧に説明されている。わたしは手順通りに縫えていると思う。ただわたしと同じように仕上がりがきれいにならない人もいるようで、Q&Aのページに貴重なアドバイスが掲載されていた。

それが「縫い代は縫わない」というもの。布を縫い合わせる際、縫い代が重なる部分は、縫い代の手前で縫いとめ、縫い代を倒してからまた縫い始めるとあった。

こんど試してみようと思う。

着物リメイクは無駄な端切れが出なくてすごい!

着物リメイクをするつもりはないが、あらためて『型紙いらずの着物リメイク・パンツ&スカート』という本を見て感心した。

パーツはすべて長方形の布。直線縫いだけで洋服ができるというのだから魅力的である。パンツは難しくてもスカートなら簡単だ。

とくにフレンチ袖のジャンパースカートはワンピース風に見えて素敵。手縫いしてみたくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください