ふとんで寝るメリット

sunday-1358907

ふとんはその上げ下ろしが最大の欠点だと思ってきました。

でも、最近は案外ベッドより管理がラクだと思うようになりました。

ふとんのほうがベッドより衛生管理がかんたん!

重かった敷布団を軽量のものに変えたら、毎日のふとん上げの苦労がすっかりなくなりました。

部屋のすみに布団干しのハンガーを置いて、敷布団は起きたらそのまま干すことに。

ついでに手ほうきでふとんを掃き掃除。夏の綿シーツや冬の敷パッドを取り外し、定期的に洗うのもかんたんです。

ベッドは寝具を取り外すだけで重労働なんですよね。

マットレスが重い!

それからベッドってすき間が多くて、ほこりがたまりやすいのに掃除しにくい。

だけど掃除がおっくうだから、ついそのまま整えるだけですませます。

考えてみたらベッドのほうが布団も敷きっぱなしだし不衛生なんですよね。

ベッドの掃除を考えたら、ふとんを上げ下ろしするほうがラクなんじゃないかって思います。

ふとんで寝ることにしたら、ついでに押し入れの片づけもできました。

ふとんの収納場所を作らないといけないので。

ベッドがないと部屋が広い。

モノがないと掃除もしやすい。

ほんま布団で寝るのが一番です。

布団で寝ると腰が痛い?

わたしは幸い腰痛がないのでわかりませんが、確かに薄い布団で寝ているせいか、ときどきからだが痛いときもあります。

でも、わたしはからだが沈むようなやわらかい布団で寝るほうが疲れます。

ベッドにしろ布団にしろ、基本的には固めで、ある程度しっかりからだの重みに耐えられるものでないと疲れると思うんですよね。

うちは畳なので床張りよりは柔らかい。

これがふとんで寝るのにちょうどいいんです。

薄い布団でもわたしは全然平気。

というか、これも慣れのような気がします。

布団の上げ下ろしがラクなほうがいいので、薄くて軽い布団が気に入ってます。

寝返りがスムーズにできていい感じなんですよ、これが。

からだが疲れない痛くならないポイントは、寝返りにあるのかもしれません。

寝返りできないと疲れますから。

あなたの寝床はだいじょうぶ?

こちらの記事もおすすめ♪

https://homemaking.hanaranman.net/suimin181113.html

https://homemaking.hanaranman.net/alumi1420.html

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください