アルミシート入り敷きパッドが底冷えに効く!

alumi1119

本格的に冷える季節になりました。

湯たんぽ2個づかいで、今はほぼ完璧な布団環境なんですが、極寒の冬を迎えるにあたり、もう少し底冷え対策をしておきたい。

ふとんにアルミシートで冷えとり!

防災グッズや100円ショップで手に入るぺらぺらのアルミシートでもかなりの効果があります。ただ、こういう薄いのだとカシャカシャと音がうるさい。でも、片づけるのがかんたんでかさばらないのがいい。手軽に効果が試せるので、使わない手はありません。

わたしも畳と敷布団の間にアルミシートを敷いてます。

わたしはマットレスを使っておらず、敷布団一枚だけなので、何もしないと容赦なく底冷えするからです。

マットレス購入も考えていろいろ見ていたんですが、見れば見るほど迷宮に入り込んでしまいまして。値段も安くないですしね。結局買わずじまいです。

もともと薄い煎餅(せんべい)布団でも平気というか、ふかふかの感触より固いほうが好きなので、布団に関しては、底冷えする以外の不満はないんですよね。

畳は床ほど固くないので、ふつうの敷布団1枚でちょうどいい感じなんです。

一時、本気でほしいと思ってたアイリスオーヤマのエアリーマットレスは湯たんぽが使えないというところにひっかかってしまいました。

湯たんぽはおろか、電気毛布の類もだめなんですよね。

何もしなくてもあったかいということらしいのですが、それはちょっと信用できませんよね……。エアリーは通気性のよさが特徴なんですよ。

でも、アルミシートで包んだら空気の層が閉じ込められて、すごくあったかくなるかも?

アイリスオーヤマ、エアリーマットレス

冬あたたかく使いこなすには、くふうがいりそうです。湯たんぽが使えるといいのに……。

アルミシート入り敷きパッドの保温力がすごい!

マットレスは買わなかったけれど、アルミシート入りの敷きパッドを買いました。アルミシートだけでも、かなり底冷え防止に役立っているので、さらにアルミシート入りの敷きパッドがあれば、極寒の季節も乗り越えられると期待してます。

ふんわりあったかいアルミシート入り敷きパッド

わたしが購入したのは、ほかにないお手ごろ価格のアルミシート入り敷きパッドです。

メッシュ入りアルミシートで通気性も確保。

体温と空気を利用して接触面をあっためてくれる仕組み。

湯たんぽもあるので最強です。

敷きパッドに限らず、毛布なんかにもアルミシートの入ったものがけっこうあるんですよね。

これだとアルミシートがむき出しになっていないので、音も静か。

アルミシートは、布団の間や床と布団の間などに挟み込むのが基本です。

厚さや大きさもいろいろあるので、使いやすいものを用意しましょう。

たまに「まったくあたたかくない」という感想を述べている人もいるので、使い方をくふうする必要がありそうです。

アルミシートをそのままふつうの布団のように敷いたり掛けたりするだけでなく、ふとんの間にはさんだり包みこむなど、効果的な方法を探したい。

アルミシートは布団内の体温や湯たんぽのあたたかさを魔法瓶のように閉じ込めて逃さないように使うと効果的。そうすると熱が反射してさらにあたたかくなるんですね。

ただしアルミシートは冷たいものもそのまま保温してしまいます。使い方によってはマイナス効果になるおそれもあるんですよね。

結露で布団にカビがはえるなんてこともあるのでご注意を。

布団の中のせっかくのぬくぬく、アルミシートを活用して逃さないようにしたいですよね。

アルミシートは電気を使わないエコで健康的な防寒グッズです。

この冬、アルミシートの活用法、見直してみませんか?

こちらの記事もおすすめ♪

https://homemaking.hanaranman.net/huton180108.html

https://homemaking.hanaranman.net/huton170802.html

https://homemaking.hanaranman.net/down180131.html

https://homemaking.hanaranman.net/huton170929.html

https://homemaking.hanaranman.net/suimin181113.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください