風呂椅子も浴槽のふたも風呂に置かない!

furoba okanai

風呂場の掃除はたいへん。

古いおうちの我が家の風呂場は、掃除をしてもカビを防ぐのが難しい。

だから風呂場には何も置かないようにした。

浴槽のふたは2つ用意して交互に使う

浴槽のふたは2つ用意して、翌朝取り換えて乾燥させることにしてから掃除がぐんとラクになった。

浴槽のふたは、ぬるぬるしてすぐ汚れる。

この掃除が結構手間で、めんどくさいからさぼっていると、あっという間にとんでもない状態になるのだ。

手間をかけて掃除をしても、すぐ汚れてきれいにするかいがない。

それというのも、乾燥させるひまがなかったせいだ。

2つのふたを交互に入れ替える手間のほうがはるかにラクだし、ふたが乾くとぬるぬるしなくて気持ちいい。ふたが汚れにくくなって、掃除がラクになった。

風呂椅子も洗面器もラックも置かない

風呂場には何も置かないことにした。

何もない風呂場の掃除だけでもそれなりにたいへんである。

その上ぬるぬるしてカビのついた風呂椅子や洗面器、ラックの掃除をするとなると気が遠くなる。

風呂場に置くからぬめりやカビがつく。ラックに置いたシャンプーや石けん皿まで汚れる。

入浴に必要なものは、その都度持ち込んで、風呂が終わったら持ち出すことにした。

どうしてこれまで思いつかなかったのか。やってみたら何てことない。家族もすんなり慣れた。

風呂場に置きっぱなしにしないだけで、椅子も洗面器もラックもびっくりするほど汚れなくなった。

毎日洗わないとみるみる汚れていた風呂椅子や洗面器、今ではときどき軽く洗うだけでとてもきれい。ぬるぬるはもちろん、かびもつかない。こんどは相当長持ちしそうである。ラックの掃除もラクになったことは言うまでもない。

これまで汚くなっては取り換えて、どれだけプラスチックゴミを増やしていたのかと思うと、ほんと申し訳ない。

何もない風呂場の掃除だけでもたいへんだというのに、いろんなものを置いて、わざわざ掃除の手間とゴミを増やしていたみたいだ。

掃除しやすい美しい風呂椅子

icon
icon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください