SakubunBlogはこちら。

手間省く妥協もときには必要?

lunch-box-749367

健康に注意して、なるだけ添加物を避けるために手作りを心がけるのはいいんですが、あんまり負担になっても続きません。

主婦はいつでもご機嫌でいるのが何よりのつとめだと言った人がいます。

「それはそうだ!」

この夏さっそく手抜きしました。

冷凍食品で妥協

かつては弁当のおかず、そのほとんどが冷凍食品でした。

手早い段取りで料理できないわたしの必需品だったわけです。

ところが、年をとって、健康に関心を持つようになり、食材を気にするようになってからというもの、定番おかずのから揚げ、1週間分作って冷凍するようになったんですね。

ところが、今年の猛暑で断念。

うちのキッチン、エアコンがないので、すさまじく高温になるんです。

付け合わせのきんぴらも冷凍野菜で作ることに。

この夏はラクさせていただきました。

そろそろ涼しくなってきたので、手づくり復活しないといけないところなんですが、オットときたら、冷凍食品のほうがどうもおいしいらしくて。

わたしもラクだし。なんか当分このままでいきそうな気配。

あるとき冷凍食品の添加物の羅列を見て、ハッと目が覚める日が来るまでラクすることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください