エアコン一台で家じゅう冷房は無謀か

eacon 1dai

うちはエアコン一台で何とか家じゅうを冷やしている。というか、高温リスクを抑えている。古い二階建ての木造住宅で断熱性もイマイチなので、ふつうに考えると無理がある。

「エアコン一台 家中」と検索すると、たいていかえって電気代がかかるとか、設計の段階で考えないと駄目みたいなことばかり書かれている。

でも、せっかくエアコンがあっても熱中症になる人はなる。

環境や感じ方、経済力を考えて、それぞれくふうして安全に猛暑の夏を過ごしたい。

エアコンは二階に設置

うちのエアコンは二階にある。これは引っ越してきたとき、やっぱり二階が暑いだろうと考えたんだと思う。覚えてないが。

そのとき工事してもらったのか、はじめからあったのか、そこだけエアコン用のコンセントがある。

その後、二台目のエアコン設置を毎年のように考えるのだが、専用のコンセントを作る工事がネックになって断念してきた経緯がある。電気工事代がそれはもうびっくりするほどの高額なのだ。以前は、専用コンセントがなくても、延長コードでエアコン設置ができたらしいが、発火事故が多発したようで、専用コンセントが義務化されたという。エアコンが増えれば電気代もかかる。だったら一台でいいか、という結論に至ったのである。

エアコン一台だと、故障したら最悪といった意見があるが、うちの場合、暖房がないのは困るが、冷房はなくても何とかなるので心配していない。冷房でしか使ってないエアコンは、これまで十年以上故障したこともなく、今年寿命で買い換えたばかり。

二階の二部屋と階下の先にある台所に冷気を送るようにして使っている。

扇風機が大活躍

エアコンのある部屋の冷気を送るのに活躍してくれているのが扇風機である。うちには扇風機が一人一台以上ある。これが侮れないほど効果的な活躍をしてくれているのだ。

二部屋ある二階は、扇風機の送風で、二部屋とも問題なく涼しくなる。

ちょっと厳しいのが階下の先にある台所だ。ここはさすがに涼しくて快適とまではいかない。家電が多く、調理するので高温になる。それでも二階から下りてくる冷気は、あるのとないのとではずいぶん違う。夕方の炊事の頃がいちばん暑くて参る。日が暮れるとようやく徐々に室温が下がってくる。その日の気温や体調によって、二階で涼んだり、シャワーを浴びたりして暑さをしのいでいる。わたしは、一日中エアコンの部屋で過ごすより、これくらいがちょうどいいみたいだ。

わたしは一階で寝るのだが、扉を開け放し、階下の冷気を扇風機で送るようにして眠ると、熱帯夜も気にならない。エアコンの冷気は苦手なので、これくらいが冷え過ぎず、暑過ぎて寝苦しいこともなくちょうどいい。空気が流れていると、室温が25度以上でも暑く感じないようだ。

扇風機は直接当たらず、遠くに置いたり、壁や窓に向けて風が間接的に当たるようにすると疲れない。

ちなみに扇風機は、掃除がしやすいシンプルなかたちで、機能も少ないほうが長持ちする気がして選んでいる。いらないのは風の種類と凝った羽根である。故障しやすくなるだけだと思う。そんな余計な機能をつけるぐらいなら、動き続けるモーターを少しでも頑丈にしてほしいものだ。

扇風機は洗濯を乾かすにも、風呂上りに涼むにもいい。いくつあっても便利に使える。

うちの場合、エアコンが複数あるより、扇風機があちこちにあるほうがいい感じである。

確かに街中は、窓が開けられないし、部屋ごとにエアコンがないと厳しい環境もあると思う。

でも、エアコン一台で、それなりに涼しく過ごせるおうちもまだまだありそうだ。

とくに冷え性でお困りの方なんかは、エアコン+扇風機をもっとうまく活用してみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください