在宅ワークが嫌になったときに思い出したいこと

zaitaku work

在宅ワークは、好きな時間に自由に仕事ができると思いがちだが、意外とこの労働時間を自分で管理するのが難しい。

無理をして夜遅くまで仕事をすることになったり、どこかいつもそわそわ落ち着かない。そこへ追い打ちをかけるのが不安定な収入。結局、自宅では気が散るということで、シェアオフィスで仕事する人も少なくないとか。

在宅ワークは一般的に出来高制だが、最近時給制の仕事もちらほら見られるようになってきた。通信技術が進化して、オフィスを持たない企業もあるとかで、仕事の内容も拘束時間も社員と変わらないという。こうなると収入は安定するが、もはや自宅もオフィスも変わらない。

結局、在宅ワークであろうがなかろうが、どんなふうに働くか、自分で選ぶしかない。

在宅ワークを選んだときの初心を忘れない!

在宅ワークなら気楽にできそうと思うとがっかりする。確かに、インターネット環境があれば、誰でもすぐに始められるようになった。でも始めやすいことと、簡単にすぐ稼げることとはまったく別の話。

どうしてわざわざ在宅ワークをしているのか? 簡単にラクに稼げるというのが一番の理由だったわけではなかったはず。その初心に立ち返ってみた。

【在宅ワーク】自宅でできるメリットを思い出す。

家計を助けるために働くからにはフルタイム、などと考えた時期もあったけれど、家事と両立するにはしんどそうだし、車もなく、年齢も若くないわたしに就ける仕事もなく、結局在宅ワークしか方法がなかったのだ。

はじめは、インターネットのおかげで働けることがありがたかった。

ところが、慣れてくるとだんだん欲が出てくるもので、時間ばかりかかって儲からない効率の悪い仕事はしたくないと思うようになる。それで怪しいインターネットビジネスに引っかかりそうになりながら、まっとうな働き方を模索する日々の中、在宅ワークはしんどい割に儲からない怪しい仕事、というイメージを持つようになってしまったようだ。

そう、在宅ワークは、家事をしながらマイペースでできる働き方が一番の魅力だった。そのことを今一度、思い出したいと思う。

【在宅ワーク】報酬の相場を知る。

在宅ワークの働き方がいくら魅力的でも、あまりに報酬が低いのも考えものだ。大事な時間を割くからには、それに見合う報酬かどうかはチェックしておきたい。

たとえばライティングの出来高1文字1円の仕事を引き受けるかどうかを考える場合、

  • 何文字の文章か?
  • テーマは何か?
  • どれくらいの時間で書けるか?
  • どれくらいの仕事があるか?

といったことと自分の能力や時間を合わせて考えると、人によって判断が変ってくるはずで、1文字1円がいいか悪いかは一概に言えない。

報酬が破格に良かったり悪かったりする仕事には、何か問題があることも少なくないので注意したい。どういう企業でどんな仕事をさせられているのかという自覚がないと、最悪犯罪の片棒を担がされる可能性もないとはいえない。そのほかもらえる仕事量が少ないとか、競争ややりとりで疲れるといったことも考えられる。

もちろん報酬の相場は知っておくに限るが、在宅ワークとはいえ、相性も大切だとつくづく思う。報酬はお金だけとは限らない。人との出会いがお金に換えられない報酬になることもあるからだ。お金だけで仕事を選んでも長続きしないことを覚えておくといいかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください