湯シャンするようになってよかったこと

shampoo

洗髪が負担にならなくなった

シャンプーをやめて湯シャンが気持ちよくできるようになるのには、ずいぶん時間が必要でした。べたべたするし、髪をとかすたびに白いものが付着し、においもとれなくて苦労しました。途中で何度シャンプーしたくなったかわかりません。

それでもやり通せたのは、更年期で頭皮が過敏になって弱っていたので、何としてもシャンプーを断ちたかったからでした。

長年シャンプーやコンディショナーでコーティングされた髪は、接着剤でもついたようにベタベタして、湯洗いだけではとても落とせない感じでした。だからといって、シャンプーを使うわけにはいきません。結局、新しい髪に入れ替わるまで待つしかなかったと思います。髪が生え変わると共に、不快なベタベタもにおいも、嘘のようになくなりました。

ベタベタ期は、できる限り髪を短く切り、髪が少しでも早く入れ替わるようにするのがいいかもしれません。

シャンプーやコンディショナーでコーティングされていない髪は、湯洗いでじゅうぶんきれいになるので、洗髪が考えられないくらいかんたんにできるようになりました。これなら高齢になっても、負担なく自分で洗えそうです。シャンプーをやめて、本当によかったと思います。

石けん洗髪が快適に

シャンプーで洗ったことがない髪は、少しの石けんでも泡立ちよく、すすぎもかんたんです。直後は多少きしみますが、クエン酸リンスを使うほどではなく、乾かすと、何も使わなくてもさらさらしっとり仕上がります。

石けんはぬるぬるしないので、すすぎ自体は一瞬で終わります。だからじゅうぶんで丁寧なすすぎをするのも負担がありません。

わたしの場合、石けん洗髪は一週間に一回もすればじゅうぶんなんですが、個人差があることなので、頭皮の脂が気になる方は、まめに石けん洗いをしてもいいと思います。肌の調子や環境はそれぞれです。石けんを適度にうまく使うと、湯シャンがより快適になります。

固形シャンプー プチパレ(100g)

髪が汚れにくい

これは本当に不思議なんですが、シャンプーをやめて、髪が入れ替わると、髪がにおいにくくなりました。

シャンプーを使っていたときは、髪がすぐにおうので、毎日洗わずにはいられなかったのが嘘のようです。

素人考えですが、髪がにおうのは、シャンプーやコンディショナーのコーティングのせいだったのではないかと疑っています。髪も頭皮も、余計なものを使わなければ、肌にある自浄作用がはたらいて、毎日の湯洗いで、ある程度の清潔は保てるのかもしれません。

洗濯でも同じことを感じます。合成洗剤や柔軟剤をいろいろ使って洗濯していたときよりも、シンプルに石けんで丁寧に洗ったほうが、汚れもよく落ち、衣服もにおいにくくなったように思います。

もちろん個人的な感想に過ぎませんが、髪の傷みや敏感肌にお悩みの方は、脱シャンプーにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください