サーモス水筒中栓が入手できなくて残念だった話

suito nakasen

サーモスの水筒はかれこれ10年以上、もしかしたら20年近く使っているかもしれない。最近ときどき漏れるようになったので、そうだ、中栓を取り替えよう、と思い立ち、サーモスのサイトを見てみたが、似たようなのが見当たらない。

nakasen

製品番号シールの文字もすっかり消えてしまっている。

suito soko

画像を付けて問い合わせてみた。

すると、これはFSP中栓というものらしく、交換用部品も完売で販売終了しているとか。

互換性のある中栓も用意できないとのこと。

やっぱり。

中栓がないとどうにもならないのだけれど、水筒本体はまだまだ使えそうなだけに残念でならない。

suito

いつまでも交換用部品を作るわけにはいかないのはわかるけど、せめて使い回せるような新製品づくりができないものか。

この水筒の本体がまるまるゴミになってしまうんだよ。

サーモスの魔法瓶、20年くらい軽く使えるいいものです。捨てるなんてもったいない。けど漏れる水筒なんか使ってられないし、おうちでそっと使うしかない。

もっと早めに中栓の予備を買っておくべきだった。なんて、まったく思いつきもしなかったし。

現在も次々に新製品が出ている。部品を交換すれば、せめて20年ぐらいは使えるようにしていただけるとありがたい。ゴミが減らせるだけでなく、資源を大事にすることにもなる。

儲からないって言われそうだけど、地球環境に貢献するってことは、人類のためなのよね。

そういう企業を応援する社会になるといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください