水道栓パッキン交換できない理由

suidosen pakkin kokan dekinai wake

水道ポタポタを修繕するための交換部品は用意したものの、水道栓のハンドルビスが外せない。これが外せないことには始まらない。

モンキーレンチで外せるとあるのだが、ビスのギザギザにひっかからず滑ってしまい、まったくつかめない。

なんだ、手持ちの工具じゃだめじゃん。はりきって部品を買ったのに。これでがっかりしてすっかり意欲を失ってしまった。

百均のコンビネーションスパナ10mmも12mmも合わず

ダイソーでコンビネーションスパナの10mmというのをあてずっぽうで購入したが合わず、わざわざ12mmに交換してもらったもののやはり合わない。ダイソーにはこの2種類しかなく、これでまたなすすべなし。

あまりの縁の無さにますますやる気が失われる。

このハンドルビス、湯が赤で水が青なのでカラービスといわれていて、調べるとサイズは13mmだった。

複数のサイズが揃った工具は高価だし、この先使うあてもないから購入する気がしない。

combi supana

そんなわけで水道栓ポタポタはやはり放置されたまま……。

ウォーターポンププライヤーなる道具

水道栓DIYに度々登場するウォーターポンププライヤーという工具、いかにも専門的なネーミングでこれまでまったく見向きもしてなかったのだが、これが実はとっても便利で使える工具だと知り、即amazonで注文した。

waterponpuliers

水道工事によく使われる工具らしいが、恐竜の頭みたいなぎざぎざした部分がナットやボルト、管なんかをガッチリつかみやすくできている。これがあれば、ネジ穴がつぶれたようなネジもつまんで回せるという。もちろんハンドルビスは得意分野。持っていて損はない道具のようなのだ。

それならそうともっと早く知りたかった。うちに二つもあるモンキーレンチなんかよりよっぽど使えるではないか。

これでようやく水道ぽたぽた修理に今度こそ取り掛かれるか、乞うご期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください