20年ぶりの冷蔵庫買い換え

2002年製の冷蔵庫をようやく買い換えた。

もう数年前から買い換えたいと訴えていたのだが、冷蔵庫は大型化していて何しろ高い。我が家の家計ではそう簡単には決められない。少しでも負担を軽くしたいので、自治体のプレミアム商品券が使えるまで待ちに待って、ようやく購入した。

異音を発し、今にも壊れそうになりながら、がんばって最後まで健気に働いてくれた冷蔵庫と別れを惜しむ間もなく、あっという間にあっけなく新しい冷蔵庫に置き換わった。

サイズほぼ同じ。容量384リットルから355リットルに減量

冷蔵庫の主流は450リットル以上が主流になっていて、値段も10万円以上するのがあたりまえである。

確かに夏場は冷蔵庫の中が窮屈になりがちだったので、こんどは少し大きめがほしいとはじめは思っていたのだが、やはり値段が気に入らない。自動製氷もいらないし、よくわからない高機能な冷蔵もとくに必要ない。そう考えるとなかなか気に入ったものが見つからなかった。

そこで一目ぼれしたのがAQUAの冷蔵庫だった。容量が小さくなることに多少不安を感じたけれど、中段二段の冷凍庫が気に入った。ごちゃごちゃに積み重ねるしかなかった冷凍食材が見やすく管理できそうだったからだ。引き出しが浅いので、実際に使いやすいかどうか心配だったけれど、思っていた通り、ごちゃごちゃだった冷凍庫がすっきり整理され、以前よりたくさん収納できることもわかった。

ちなみに上段左の氷置き場はふつうの食材置き場として使用。うちでは氷は作らないし使わない。

冷凍庫が大きくなった分、冷蔵と野菜室が以前よりやや小さくなったが、使い勝手はほとんど変わらずひと安心している。

節電に期待

二十年前の冷蔵庫を買い換えたのだから節電も期待できそうである。

電動機の定格消費電力は93Wから65Wに、霜取り時の電熱装置定格消費電力は153Wから130Wになった。

これが金額的にはどんなものかまだ正直わからない。

設置当初は側面が熱くなって、前の冷蔵庫と変わらない感じだったけれど、まったく熱くない時間帯もある。古い冷蔵庫は始終熱くなっていた。

何より音がしない。古かったときも、とくにうるさいと思ったことはなかったが、今思うと、たえず音がしていたようで、今の静けさに違和感を覚えるほど。

家電は大切に長く使いたい

家電は買い換えた方がエコだという考えもあるが、わたしは違う。できるだけ大事に長く使いたいと思う。

なぜなら処分したとたん、家電は粗大ごみになってしまうからだ。家電の部品は、どれをとっても貴重な資源である。それを電気代が多少安くなるからというだけで不用品にしてしまうのはもったいない。

とはいえ家電は部品が消耗し、発火する危険もあるので、いつまでも使えるものではない。

だからこそ大事にして、できるだけ長く安全に使うのが消費者の努めだと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください