【人間関係】「不公平」を持ち出したら折り合えない

hukohe-oriai

折り合うことについて考えてみた。

広辞苑によると、対立した同士が譲り合って解決をつける。妥協する。折れ合う。とある。

ここに公平とか平等という意味はない。

でも、ここで折り合ったら損とか負けとか考えてしまうのよね。

公平とか平等なんて妄想かもよ

気づけば公平とか平等に取りつかれてることがある。

何をどこまでが公平で平等だったら気が済むのか。

考えてみれば、公平や平等ほど非現実的なことはない。

生まれも育ちも持ってるものも、体格も健康も能力も、みんな違うのに、そういうのを全部、みんなが納得できるようにお金に換算して、公平平等に分配するところまでいかないと、気がすまなくなってしまいそう。

世の中は、哀しいかな不公平で不平等なのだ、といっそ受け入れてしまったほうが、まだ折り合える余地がある気がする。

損は悪という価値観

折り合いを困難にしているのが「自分は損している」「相手が間違っている」という価値観で、それを正すことが目的になってしまうと、折り合うのがいっそう難しくなる。

とくに親しい間柄であんまり損得や善悪を言い出すと、折り合うどころか関係が続けられなくなる。

折り合いたいなら、多少の負債や間違いは、お互い見て見ぬふりする寛容さがある程度は必要かもしれない。

人間は、ことばにしてやっと、伝わるかどうかというところにたどり着く。ちょっとした言い訳や泣き言を、安心して言ったり聞き流したりし合えるほど幸せなことはない。

そうした信頼関係は、一朝一夕では築けない。

相手を正すのは裁判所に任せて、折り合える人間関係を築いていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください