【ecoloco】リネンシャツワンピ、ウエスト切替えリメイクでジャストサイズ

わたしは身長が150cm余りなので、市販の洋服はたいてい丈が合わない。

とくに最近多いウエストがはっきりしないタイプのワンピースは、バランス悪くてカッコ悪い。

でも、ウエストで切ってつなげ直すリメイクがしやすい。

リネン100%のワンピースは、生地で買っても安くないので、市販のものをジャストサイズに手直ししたほうが低コスト。

ミシンがなくても手縫いで簡単にジャストサイズにできますよ。

ワンピースはウエストで切ってつなげ直す

ecolocoのシャツワンピースはMサイズで着丈114cm。

そのままロング丈で着れなくもないんですが、両サイドのポケットが下の方になって不格好。間延びした感じになってバランスが悪い。

サイドポケットの位置がサイズ感をはかるポイントになります。

onepi remake3-1

というわけで、サイドポケットの位置を自分の背丈に合わせて上にずらしてくっつけ直しました。

onepi remake 3-2

前のボタンの位置が崩れないようにして、上身頃を縫い代1cmほどつけて裁断。

スカート部分の余分な生地は、切り離さないでそのままウエストの切替部分に使いました。

スカートをサイドポケットの位置を調整して上身頃と縫い合わせ、スカート側の余った生地を上身頃の縫い代にかぶせて折り伏せ縫いすれば出来上がりです。

内側はこんな感じ。

手縫いなので縫い目が結構粗いですが、これが意外と丈夫。

onepi remake4

ウエストの後ろ部分にゴムを入れてギャザー感を出してみました。

ウエスト部分に切替があると、ずんどー感が薄まります。

onepi remake3-3

最近のデザインは身幅が広く、ストレートラインなので、どこで切っても簡単につなげられます♪

身頃にダーツを入れたり脇を詰めたりってこともできます。

ウエスト切替デザインにリメイクしても、もともと身幅の広いゆったりデザインのため、全体のAラインが崩れることはありません。

左胸のポケットはバランスがとりにくいので外してしまいました。

リネンワンピースは丈夫で幅広いシーンで活躍してくれるので、気に入ったものは長年愛用できます。

家で洗えるし、カジュアルにもお出かけにも着られて便利。

麻というと夏のイメージが強かったですが、最近はロングシーズン着られるものが多いので、洋服ミニマリストにはおすすめな素材です。

ナチュラルデザインの洋服はサイズが合わずだらしなく見える、とあきらめていた方は、ぜひ一度、リメイクにチャレンジしてみてください。

裁縫が上手でなくても、案外気になりませんよ。

created by Rinker
¥1,296 (2019/07/23 10:18:28時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください