暖房費節減中綿防寒ウェア

たまに暖房を使わずに暮らしている人がいる。

住まいや立地などの環境に恵まれていることもあるだろうが、たいていの場合、屋内でも温かい服装でいることがポイントのようだ。

防寒ルームウエアの限界

古くて寒い家屋の部屋をDIYで断熱するには限界がある。窓を二重にし、床からの冷気を発泡スチロールのシートで遮断しても、まあやらないよりマシな程度で、とても暖房費を減らすところまではいかない。

そこで今年は服装を見直してみることにした。世の中に防寒ルームウエアはいろいろあるが、ほんとに温かいのは動きにくく、家事をするときには着ていられない。見栄えよく動きやすいのは温かさに欠け、寒くて動く気にならない。で結局毎年重ねに重ねて着ぶくれしている。かえって外出着のほうが重ね着しないですんでいたりする。ダウンや中綿のアウターがあたたかいからだ。

屋内ではんてんのようにあたたかく、かつ動きやすい服装はないのか。

調べていたら、登山ファッションが軽く、かつ保温性に優れていることがわかった。登山ファッションで暖房いらずという家族がいることもわかった。

言われてみれば屋内だからといって、何もルームウエアにこだわることはなかった。そんなわけでアウトドアとかスポーツウェアあたりで探してみることにした。

スポンサーリンク

中綿上下のスポーツウェア

選んだのがこちら。

いかにもスポーツって感じのデザイン。学生以来、こんなの着たことない。フードもほんとはないほうがいい。

でも、軽くて厚すぎず、この上から割烹着が着用できてスポーツウェア丸出しにならないのがいい。何より動きやすい。中に重ね着もできそうだが、それほど厚着しなくてもあったかそう。

ただ化繊なので、毛玉や静電気の具合が気になるところである。

登山用メリノウール下着は試したいが高価

登山ウェアはとにかく値段が高い。気軽に揃えられるものではない。

しかし、下着(ベースレイヤー)の優秀さには心ひかれるものがある。

知らなかったが、メリノウールが優秀みたいなのだ。ウールというとセーターのような毛糸を思い浮かべるが、登山用下着は一般の下着と同じように細い糸で織られた生地でできている。Tシャツのようなデザインより、下着(ベースレイヤー)らしいからだにそったデザインのものを選ぶとより保温性が期待できるそうだ。動きやすさは基本だから心配無用。

汗をかいても冷たくならず、マイナスの極寒にも耐えうる保温力があるという。さらに、頻繁に洗濯できない環境にも適した防臭作用まであるらしい。大事にすれば10年使えるという人もいるので、高価だがコスパは悪くないかもしれない。とはいえ、外国製のわずかな専門ブランドしか製造しておらず、ちょっと手が出ないお値段。それでも人気で品薄状態。これなら下着一枚だけで重ね着しなくてすむのだろうか……。

スマートウール クラシックサーマルメリノベースレイヤークルー【ウィメンズ】 Smartwool Women’s Classic Thermal Merino Base Layer Crew レディース ベースレイヤー アンダーシャツ インナー おしゃれ キャンプ アウトドア フェス 【正規品】

メリノウール以外でも同じような高機能を持つ化繊のインナーもある。こちらもユニクロとは比較にならないほど高価だがメリノウールほどではない。ウール混のものもあり、いざ選ぶとなるとむずかしい。

化繊のほうが乾きやすく扱いやすいかもしれない。ただ耐久性はどちらがいいか不明。

ユニクロやコットンインナーを重ね着していたが、やはり登山用の下着(ベースレイヤー)は値段もいいが保温力のレベルが違う。低温症になると命にかかわるからだ。

汗冷えで大変な目にあった人が下着を本気の登山用に変えたら健康状態まで改善したという話を聞いて、本気で欲しくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください