鍋磨きとプラゴミ減

nabemigaki plagomi

わたしは鍋磨きが大好きだ。何か気分が優れないときや、何もやる気が出ないとき、鍋磨きはわたしを無心にしてくれた。鍋がぴかぴかにきれいになると、いつの間にか気持ちが晴れていた。鍋磨きはあたしの趣味のひとつみたいなものなのだ。

年々鍋を磨く力が弱くなってきたので、少しでも楽な方法はないかと考えて、ふと石けんを使ってみたら、これがまたとてもいいことがわかった。

台所以外では石けん派のわたしだが、食器洗いだけは合成洗剤を使っている。食器洗いに石けんを使うと、すすぎに水も時間もたくさん必要になるし、ぬめりや石けんかすを気にするのも嫌だったからだ。

海洋プラスチック問題の記事を読んで

作文教室で使う教材を作るために、海洋プラスチック問題の記事をいろいろ読む機会があった。

日本はプラスチックを大量に消費しているということは知っていたけれど、あまりにも便利なので、気になりつつも、エコバッグで買い物するぐらいのことしかしておらず、結局見ないふりをしている状態である。

あらためてプラスチック問題の現状と向き合うことになって、もはやリサイクルというような段階ではなく、できるだけ使わないようにしなければならないところまで来ていることを知った。

わたしひとり、何ができるわけでもないけれど、かといって、無頓着にプラスチックを消費し続けるのも気が引ける。そんなことを考えていたら、ふと食器洗いも石けんにすれば、プラスチック容器が減らせると思いついた。そういえば、プラスチックフリーを実践している主婦が固形石けん中心の生活をしていたことを思い出した。

食器洗いを石けんにするのは、すすぎやぬめりがめんどくさそうだと思って避けていたのだが、試しに鍋洗いに使ってみたら、力を入れてこすらなくても、しつこい油汚れが楽に落ちることがわかった。

最近使い出して気に入っているのがこちらのハイネリー。粘土状の石けんクレンザーだ。鍋やIHの焦げ落としに重宝している。

ハイネリー(270g)【more20】

そんなわけで、台所も徐々に石けんに切り替えていこうと思っている。

今話題のマグネットの石けんホルダーも試してみたい。

created by Rinker
ダルトン(Dulton)
¥800 (2022/06/30 03:43:32時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください