ダウンジャケット、うちの洗い方

down araikata

うちはダウンジャケットもうちで洗います。ドライクリーニングしかできないモノは持たないようにしています。

独自の洗い方なので、まったくおすすめできませんが。

もちろん中の羽毛まで洗えているわけではありません。縫い目から羽毛が出てくるリスクもあります。アイロンをかけることもできないので、生地によってはシワも出ます。

それでもドライクリーニングよりは、ずっとさっぱりきれいになると思ってます。

ダウンの小物は洗濯機で洗うことも

ダウンを洗うと言っても、羽毛を洗うというわけではなく、外の生地を洗います。中の羽毛は、むしろできるだけ水につけたくないところです。羽毛そのものを洗うのはさすがに素人ではできません。

しかし、羽毛が偏らないように工夫されている外側の生地も相当デリケートなので、やっぱりジャブジャブ洗うわけにはいきません。

インナーダウンやベストなどの小物は、なるだけ小さく丸めてタオルにくるんだ状態でネットに入れ、さらにくくったりゴムでとめて小さいかたまりにした状態で洗います。これだけ武装すると、洗濯機でも洗えます。

ドライコースにすれば安全ですが、水に浮いたままになってろくに洗えないことがあるので、わたしは通常コースで洗ってます。脱水もします。かなり強引な方法です。水につかるように注意してドライコースで洗う方がいいかもしれません。脱水する場合は生地がなるだけねじれないようにコンパクトにすると、生地へのダメージが最小限に抑えられます。早く乾くメリットも大きい。

ドラム型の洗濯機についてはわかりません。

ダウンの洗い方、本来は手で押し洗いだけど

ふつうは手で押し洗いするみたいなんですが、コートなどの大物や丁寧に洗いたい場合、わたしは全体を水につけずに外側の生地だけを洗うようにしています。

全体を水につけてしまうと、乾きにくい上に型崩れのおそれもあります。水分で重くなって扱いにくくなるだけでいいことが一つもない。

awa spray

うちでは中性洗剤を泡ポンプでつけ、生地を拭き取るようにして洗います。これだとハンガーにかけたままできます。すすぎもタオルで何度か押さえたり拭き取るようにして行います。絞らないのがコツです。けっこうな手間なので、シーズンに一回できればじゅうぶんです。襟元や袖口の内側など、汚れが気になる部分だけ丁寧に洗うこともできますし、ざっと全体を拭くようにして洗うこともできます。あとはよく乾燥させておしまい。

ダウン洗いは衣料用より食器洗いのほうが泡切れがいいかも

ダウンを洗う中性洗剤は、おしゃれ着洗いの衣料用よりも食器洗いのほうが泡切れがよく洗いやすいです。

じつは手洗いも食器洗いを薄めて泡ポンプで使用しています。食器洗いは何にでも使えてほんと便利。

食器洗いは中性のものが多いですが、中にはアルカリ性のもあるので注意が必要です。また、石けんは汚れ落ちはいいんですが、よくすすがないと残りやすいので拭き取り洗いには向きません。というわけで、個人的には中性の食器洗いを泡ポンプで使うのが気に入ってます。

おすすめできませんが、お洗濯の参考にしていただけるとうれしいです♪

awa spray senzai 泡スプレー、洗剤薄めれば何でもたいてい泡になる。 laundry-963150 衿汚れには食器洗いがいいらしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください