リトアニアリネンキッチンクロスを使ってみた。

ご覧いただき、ありがとうございます!

linen51

先日、リトアニアリネンのキッチンクロスの初回お試しセットを思い切って買いました。

不織布のカウンタークロス愛好のわたしにとってはとんでもなく贅沢なふきんです。

スポンサーリンク

リトアニアリネン、やっぱりホンモノ!

生地は確かでした。

いくらグシャグシャにして絞ってもよれません。まったく歪みなしです。

パンパンと伸ばすとビシッとします。

まだ新しいので糊付けしたようにかたいです。

ランチョンマットにはいいけど、ふきんとしてはちょっとしっかりし過ぎかも。

とくに茶系のカルボは白のプラーノよりさらにしっかりしていて厚い感じ。

どっちもやわらかくなるのにしばらくかかりそうです。

吸水すごい!

吸水性にはびっくりしました。

完璧にふき取れます。

これは不織布と同レベル!

ただ不織布は湿ってても拭き取れるけれど、リネンは乾いていないと拭き取れない。

たっぷり拭くにはこれぐらいの厚みがあったほうがいいのかもしれませんね。

1枚買うならコレ! 基本のリネンクロス プラーノ

気持ちよく拭き取れます!

惜しいのは速乾性

今の季節、リネンクロスはさすがに不織布のようには乾きません。

遅くはないんですよ。

でも乾くのに時間がかかると、洗い替えと干す場所が必要になるから厄介。

も少しペラペラでいいから早く乾いてくれるほうがわたしは使いやすい。

ランチョンマットクラスの厚みはいらないかなぁ。

ただリネンは生乾きの嫌なにおいがしにくく、圧倒的に長持ちはしそう。

不織布カウンタークロスVSリネンキッチンクロス

耐久性、清潔感、おしゃれではリネンが有利。

でも、速乾性や使い勝手のよさではカウンタークロスもまだまだ捨てがたいと思いました。


しっかり拭ける厚手タイプのカウンタークロス。カフェで人気のナチュラルカラー。ボックスタイプで保管しやすいデザイン。

リネンを便利に使うには、時間とある程度の枚数が必要です。

やわらかく使い込むのに時間がかかりそうなので、こんどから絶対着古したリネンの洋服はキッチンクロスにしようと思いました。

端縫いしないといけませんが、生地で買うと経済的!