過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)でしっかりカビとりする方法

ご覧いただき、ありがとうございます!

kabi2315

日ごろ、エコ洗剤でがんばっているわたしも、塩素系のカビとり剤に心揺れる季節です。カビ菌を根こそぎやっつけてくれると聞くと、使いたくなるもの。

でも、ちょっと待ってください。

塩素系のカビとりできれいになるのは一時的なこと。きれいを維持する努力は塩素系もエコ洗剤も同じです。

どうせならカビとりもやっぱりエコ洗剤で作りたい。

今回紹介する過炭素ナトリウム(酸素系漂白剤)で作る強力なカビとりは、塩素系カビとりに負けませんよ。

スポンサーリンク

エコ洗剤でつくる強力カビとりの材料

  1. 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤):40g
  2. 水酸化カルシウム(消石灰):10g
  3. 50~60度のお湯:30ml

1回分の分量です。

このカビとり剤は、使う分だけ作ります。作ったものは、すぐに使います。時間がたつと効力がなくなるで、作り置きはできません。

水酸化カルシウム(消石灰)は、園芸用や乾燥剤になっているものもありますが、こんにゃくづくりに使用する食用の水酸化カルシウムの粉末が安心です。

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)の強力カビとりペーストの作り方

水酸化ナトリウム(消石灰)10gに50~60度のお湯30mlを入れ、よくかき混ぜます。粉末が目に入らないように気をつけましょう。

さらに過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)40gを入れ、マヨネーズぐらいのペーストになればできあがり。

できあがったペーストは、すぐにカビとりしたい部分に塗りつけます。

ペーストが乾いてきたら、お湯を加えます。塗りつけたペーストが乾いてきたら、セスキスプレーを吹き付け、1~2時間放置します。

その後、スポンジや歯ブラシなどでペーストを洗い落とし、乾いた布でふき取ります。

しつこいカビには、このステップをあきらめないで繰り返し行うといいそうです。

石けん百貨 酸素系カビとり剤

酸素系カビとり剤はあるようでない。こちらはお湯に溶かすだけでかんたんにペーストができる酸素系のカビとり剤です。

ひと手間かかりますが、安全で環境にもやさしい安心して使えるカビとり剤です。

過炭酸ナトリウムと酸化カルシウムのほかベントナイト、炭酸水素ナトリウム、メタケイ酸ナトリウム、ケイ酸ナトリウム配合で、なめらかで塗りやすいペーストになります。

有害なカビ菌をとるのに、有害なカビとり剤を使っていては何にもなりませんよね。

カビとりも酸素系エコ洗剤に変えてみませんか?

『過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)でしっかりカビとりする方法』へのコメント

  1. 名前:みい 投稿日:2016/06/08(水) 14:18:11 ID:e7ce41d62 返信

    こんにちは。石鹸百科さまのカビ取り剤、二日前にしたばかりです 頑固な汚れは、完璧にはなりませんでしたが、定期的にすればきれいになるかなぁと思いました。湯アカも柔らかくなっていくようでした。 あのペーストをそのまま流して良いのか不安になりながら、そのまま流しました 消石灰でもできるんですね‼試してみます。 いつも楽しみに拝読してます。

    • 名前:おかし 投稿日:2016/06/08(水) 18:03:31 ID:49171dfff 返信

      みいさん、こんにちは。
      わたしもこんど石けん百貨のカビとりを試してみるつもりです。
      消石灰で手づくりするよりなめらかそうですよね。
      確かにカビとりペースト、無害とはいえ、あんまり大量に流すのはどうなんだろうと思います……。
      泥パックを流すときも思ってました。
      カビとりはあまりしなくてもいいように、日ごろの掃除を徹底すればいいんでしょうが、なかなかしんどいです。
      コメント、ありがとうございました♪