エックスサーバーownCloud設置手順

owncloud setti tejyun

エックスサーバーにownCloudを設置した。いろいろ調べながら苦労したので、その手順を書いてみた。

必要な人は限られていそうだが、個人でサーバーを借りているものの、活用しきれていないという方の参考になれば。

ownCloudというのは、インターネット上にデータを保管するサービスであるオンラインストレージを作成できるソフトウエアのこと。

レンタルサーバー上に自分専用のファイル保管庫を作る感じ。

エックスサーバーでドメインを設定

エックスサーバーのサーバーパネル>ドメイン設定のところでドメインを設定。

ドメインというのは、このブログでいえばhanaranman.netの部分のこと。ちなみにhomemaking.hanaranman.netはサブドメインです。

ドメインは購入すると、年間1,000円前後の費用がかかる。

わたしはキャンペーンでもらった永久無料のドメインを利用することにした。

エックスサーバーでデータベースを設定

サーバーパネル>データベース>MySQL設定のところ。

MySQL追加でデータベース名を設定。

MySQLユーザ追加でIDとパスワードを設定。

MySQL一覧の下にあるMySQL情報のホスト名とIPアドレスもowncloud設定時に必要になるので、データベース名、ID、パスワードとともにメモしておく。

ついでにサーバーパネル>SSL設定をおこなう。

さらにサーバーパネル>ホームページ>.htaccess編集で以下追記。

これは独自SSLの設定が完了しただけでは自動的に「https://~」のURLへ転送されないため、Webサイトにおけるすべての表示を常時SSL化するためのもの。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

ownCloudをダウンロード

Download Server Packages

このページからDownload.ZIPファイルをダウンロード。

ファイル名はowncloud-complete-20210721.zip

エックスサーバーにアップロード

owncloud-complete-20210721.zipを

エックスサーバー>ファイルマネージャー>ドメイン>public.html

にアップロード。

ZIPファイルを解凍するPHPファイルを作成

ZIPファイルをサーバー上で解凍するためのPHPファイルを作成。

ファイルは、SSH接続なしでftpサーバーでZIP解凍するPHPプログラム

よりコピーさせていただいた。

テキストエディタにコピーし、setup-owncloud.phpファイルとして保存。

このファイルを先のZIPファイルと同じ

エックスサーバー>ファイルマネージャー>ドメイン>public.html

にアップロード。

PHPファイルにアクセス

ドメイン/setup-owncloud.phpにアクセス。(URLを入れるところに入力)

すると、

/* Your code… */
—– 解凍するZipファイル名を入力して「解凍」ボタンを押してください。—– ファイル名(zip形式のみ)

という画面が現れるので、owncloud-complete-20210721.zipと入力し、解凍ボタンを押す。

すると、エックスサーバー>ファイルマネージャー>ドメイン>public.htmlに、解凍されたownCloudフォルダができる。

ownCloudにアクセス

ドメイン/owncloudにアクセス。

ログインするためのユーザー名とパスワードを設定。

それからさっき用意したMySQLデータベース情報を設定すれば完成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください