洗たくマグちゃんと粉石けんを併用してみて

sentakumg1616

週末など、ときどき粉石けん洗濯をするんですが、洗たくマグちゃんを入れて粉石けんを半分に減らすと、当然泡が消えます。

ですが今のところ石けんカスは発生してませんし、汚れ落ちもとくに問題ないようです。

洗濯マグちゃん、洗濯水が酸性に傾くのを防いでる?

粉石けんは泡で汚れを落としていると思いがちなんですが、じつは汚れ落ちと泡は直接関係ないってご存知ですか?

ただ、石けんがもっとも汚れを落とす環境にあるときと、泡が立つ環境とがほぼ同じなものだから、泡が汚れを落とす目印になっているんですね。

石鹸百貨の記事によりますと、

洗浄は個体と液体の間の界面で起きる現象で、泡立ちは液体と気体の間の界面で起きる現象

なんだそう。

洗濯水はPH10前後のアルカリ性を維持しているとき、もっとも洗浄力が発揮されます。だから粉石けんもアルカリ助剤が添加されてるもののほうが使いやすいんですね。

愛用粉石けん

洗たくマグちゃんもアルカリ助剤と同じ働きをしてくれていると考えられます。

金属石鹸になる可能性

石けんは、水中のミネラル分とくっついて金属石鹸、つまり石けんカスになることがあると聞きました。

洗たくマグちゃんはバリバリのミネラル分じゃないですか!

もしかしたら洗濯水の硬度によっては石けんカスが出ないとも限らない。難しいことはわかりませんが。

石けんカスの発生はそれぞれの環境でかなり違ってくるので、マグちゃんや粉石けんだけの問題じゃないところがあって、何とも言いようがありません。

もしも石けんカスが発生したら、粉石けんを増量するのではなく、炭酸塩などのアルカリ洗剤を増やして調整しようと思ってます。

エコ洗剤炭酸塩

とりあえず洗たくマグちゃんと粉石けんを併用する場合、粉石けんの泡立ちはとくにこだわらなくてもいい感じです。今のところ。

そのうち粉石けんいらなくなるかも。

洗たくマグちゃんよいです。

お肌に敏感で洗剤が気になってる方に、おすすめしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください