【小さな暮らし】洗浄剤減らして支出削減

senjyozai-sakugen

あたりまえのように使っている洗浄剤ですが、場合によっては減らしたりやめてしまっても困らないかもしれませんよ。

うちは日常の洗濯機での洗濯は洗浄剤の代わりにマグネシウム粒だけを使ってます。

からだの洗浄にも洗浄剤を使わなくなりました。

とくに不都合はありません。

清潔にすることは大事だけど、洗浄剤を使わなくても案外だいじょうぶかもしれませんよ。

洗浄剤は知らないうちにどんどん増量しがち

洗浄剤は、はじめはきっちり分量を測って慎重に使うんですが、そのうちテキトーになって、だんだんたっぷり入れないと不安になってくるんですよね。

ちゃんと洗えてるのか心配で。

とくに石けんを使ってた時は、しっかり泡立つくらいじゅうぶんな量を入れないと、かえって石けんカスが発生する。たっぷりの石けんで洗うから、すすぎもじゅうぶんしないといけない。

いくら合成洗剤よりやさしいとはいえ、なんだかすごい無駄なことをしているようで気になってたんですね。

洗濯機も汚れるし、コストも馬鹿にならない。

いい香りの柔軟剤も、どういうわけかどんどん使う量が増えていくんですよ。だんだん物足りなくなるのかもしれません。

それが過剰になって、あるとき臭いと気づいたのでした。

なぜだか知らないけど、洗浄剤にはどんどん増量したくなるふしぎな魅力があるような。

洗剤の消費が早いと感じたら、初心にかえって分量を確かめてみよう。

洗浄剤は部分洗いに効果的

洗剤を使わないマグネシウム洗濯は、すすぎも簡単だし洗濯機も汚れないので洗濯が楽。

たまに気になるところの部分洗いが苦にならなくなりました。

部分洗いでは石けんや食器洗い、酸素系漂白剤を使います。

洗濯機ですべて済ませようと強力な洗剤を使っても、部分洗いしないと落ちない汚れがまったくなくなるなんてことないですよね。

手間は同じというか、ふだん複雑な成分の洗剤を使ってない繊維のほうが汚れにくく、汚れ落ちもいいように思います。

洗剤を使ってた頃の洗濯機の汚れ具合を思うと、洗剤ってほんとに汚れを落としているのか疑いたくなります。

洗浄剤コストは馬鹿にならない

洗浄剤、暮らしのあらゆる場面で使ってますよね。

あんまり気にしてないかもしれませんが、ブランドや品質にこだわってたりすると、けっこうなコストだったりしませんか?

何せ毎日使うのがあたりまえになってますから。

でもね、毎日使うより、ここ一番だけ使ったほうが効果的な場合もあるかもしれませんよ。

わたしはふだん湯シャンで、入浴時も洗浄剤は使わない。

定期的にヘナで洗髪します。

ヘナは髪の調子を整え、白髪を目立たなくする程度の毛染め効果もあります。

長時間めんどうな手間をかけてた時期もありましたが、ここ最近は2.3週間おきに入浴ついでに洗髪とパックを兼ねて短時間で洗い流す感じ。

これでもじゅうぶんみたい。

ヘナのコンディショニング効果はすばらしいですよ。

iHerbの大入り袋を愛用。

henna1118

髪色がオレンジ過ぎるときは、少量のインディゴでサッと洗い流すと、徐々に茶系に落ち着きます。

残念ながら、インディゴ単品がiHerbで入手できなくなったので、次回はマハラニのインディゴを予定。

こちらは高品質だけど高価なところが欠点。たまに少量使うだけなので。

あたりまえに使ってる洗浄剤を見直すと、支出削減のヒントが隠れてるかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください