洗浄剤使い過ぎてろくなことない3つのこと

senzai tsukaisugi

何かを洗うたび、あたりまえのように何の疑問もなく使っている洗浄剤。

湯シャン(ノープー)やマグネシウム洗濯をするようになると、なんであんなに洗浄剤を使っていたのかと思う。

専用洗剤はお金と場所をとるだけだった!

トイレ用でしょ、お風呂洗いに食器洗い、洗濯用にからだ用に髪用、うちにも全部、もっと細かい専用洗剤がたくさんありました。

更年期に敏感乾燥肌で湿疹が頻発するようになって、いわゆるエコ洗剤に目覚め、わかってきたことは、洗浄成分はどれも大して変わらないってことでした。

使い心地をよくしたり、香りづけをしたり、防腐剤や殺菌剤など、すべてさらに加えてるものによる差違なんですね。

だから成分がシンプルなものを選べば、けっこう幅広く使えます。

中でも使い勝手いいのが食器洗い。

今うちにある洗浄剤は、食器洗いと石鹸と家族が使うシャンプーです。

個人的には食器洗いをシャンプーにしても問題ないのではないか、と思っているのだけど、さすがに家族に無理強いすることもできず、別にしてます。

だけど食器洗いは、薄めてハンドソープにも洗濯ものの部分洗いや掃除にも使います。

おかげで洗剤の使用量が全体的に激減し、洗剤コストや置き場所に困らなくなりました。

iHerbにあるリキッドソープだったらシャンプーにも食器洗いにも使えそう。

iHerbの低コスト万能天然洗浄剤

liquid_soap1153

香りさえ気にならなければ、全身洗えて洗濯にも食器洗いにも使えそう。

精製水(アクア)、ケン化ココナッツ、麻とオリーブオイル(グリセリンを含む)、有機シアバター(butyrospermum parkii)*、トコフェロール(ビタミンE)、ラベンダーとラバンジンエッセンシャルオイル、海塩、クエン酸、ローズマリー(rosemarinus officinalis )抽出物。

* ecocert saによるオーガニック認定

カビ取りも洗浄も高濃度アルコールで事足りる

高濃度アルコールは、家電製品やコード類の掃除にいいと聞いて使うようになったんですが、これがまた万能。

キッチンのしつこい油汚れからカビ取りまで、とにかく守備範囲が広い。

可燃性なので取り扱いには注意しないといけませんが、揮発性が高いので、拭き取りがいらない点も便利。

ちょこちょこ掃除やちょっとした殺菌・消毒に大活躍します。

高濃度食品添加物規格アルコール

洗浄剤をやめてみてわかったこと

洗浄剤を使わないときれいにならないと思ってきたんですが、やめてみたら何てことないんですね。

風呂場は洗浄剤がカビのもとになる場合もあって、使わない方が汚れにくく、汚れても掃除がラクな気がします。とくに石けんカスはめんどくさい。

洗浄剤で洗わないと、からだが不衛生になるかというと、そんなでもない。

わたしは乾燥肌が改善して喜んでます。

洗浄剤の使用量が減れば、汚水も減って、地球環境的にもいいはず。

まったく洗剤を使わなくなったというわけじゃないんですよ。

でもちょこちょこっと使えばじゅうぶんで、毎日もこもこ泡立てることないなって。

過剰に使い過ぎて、せっかくの洗浄剤の良さを台無しにしてたような。

売りたい人たちに踊らされて、無駄に使い過ぎないようにしていきたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください