話を聞いてもらうだけでも無駄じゃない

hanasu

発達障害で不登校だった子どものことは、気にかけない日はありません。

不登校時は、今ほど発達障害が認知されておらず、家族や本人はもちろん、周囲もどうすればいいのかわからない状態でしたので、それらしい相談窓口に出向いても、たいてい話を聞いてもらうだけでした。

人には期待しないでがっかりしない

相談に行くたび、はじめから状況や事情を説明し、困っていることを話さないといけないので、なかなかおっくうなことでした。

神妙に黙って話を聞いてくれるのはまだいいほうで、何だかとんちんかんなアドバイスをされて、結局何しに行ったのか、どうすればいいのか、わからなくなることもありました。

こちらもうまく話せない自覚があって、相手に伝わらないのも仕方ないとあきらめて帰ることも。

「ひとりで悩まないで相談しましょう」なんてよく言いますが、一大決心して相談に行っても、「結局何にもしてくれない。」みたいに思っていた時期がずいぶんありました。

相談に出向くって、かなりの勇気がいるものです。それでも行動しているのは、かなり困った状態だからです。

「何とかしてよ」という期待感と「どうにかしたい」というあせりが前のめりになってたんですね。

今は、相手にあんまり期待し過ぎないことと、期待どおりの反応がなくても、いちいちがっかりしないほうがいいなって思う。

相談窓口だからといって、何でもよくわかっているわけではありません。

向こうはこっちの声をひたすら聴いて、困っていることを把握しようとします。

落ち着かせ、孤立させまいと注意しているのかもしれません。

すぐにどうにかしてもらおうと躍起になるよりも、次第に話を聞いてもらうことが大事なんだと知りました。

めげないで、あきらめないで、何回も話をすることは、けっして無駄じゃないんです。

無知は不親切に見えることがある

相談窓口にいる人も同じ人間です。怒りっぽくてせっかちな人がいても不思議ではありません。

ビジネスライクで冷たい印象の人がいるかもしれません。

事情や状況はひとりひとり違いますし、困っていることも異なります。

たとえ専門知識を学んでいる人でも、現場では知らないわからないことがいっぱいあって当然です。

それで配慮が行き届かないこともあるかもしれない。

不親切というより、無知からくるトラブルですね。

とはいえ、相談者の気持ちに寄り添う仕事ならば、余裕のない相談者には、思いやりを持って接してほしいところなんですが、中にはそういうことに気がつかない人もいるかもしれません。わたしも気が利かないほうなので、わからなくもないです。

でも、必要以上に期待しなければ、がっかりしなくてすみます。

嫌な思いをさせようと、悪意を持ってしているわけではなく、ただ無知なのだと思えば腹も立ちません。

お互いにできる努力をしないと動かない

助けを求めるほうも、また手助けしようとする側も、互いにできる努力をし合って、ようやく前に進み出します。

うちの子も、いろんな人と何回も話し合い、連携し合って支えられています。

「役に立たない」とか「努力不足」と言い合ってるうちは何も始まりません。

話し合いを重ねるのは難しく、不満を言うのは簡単。

助けを求めるためにできることをして、必要な助けを見い出しながらできることをする。

両方動いてはじめて進む。

だからまず話を聞いてもらうことは無駄じゃない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください