石けんと洗剤の使い分けと種類について

sekken senzai

湯シャンをするようになって、石けんであれ洗剤であれ、使い過ぎではないかと思うようになった。

原料は同じようなものなのに、からだ用に洗髪用、食器洗いに洗濯、さらには掃除と事細かく用途別に種類があり、よくわからない成分がいっぱい添加されていてゾッとする。

何にでも使えるものはないのかと思う。

石けんと洗剤の使い分け

一時は石けんに凝ったこともあったけど、今は石けんと洗剤を適当に使い分けている。

石けんにも洗剤にもそれぞれ長所と短所があって、どっちのが断然有利とはいえないことがわかってきたからだ。確かに石けんはからだにも環境にも負荷が少ない一面もあるが、じつはそうとも言えない一面もある。

よく言われている生分解性については、石けんと高級アルコール系の洗剤とではほとんど変わらないそうだ。しかも石けんは使用量もすすぎの水も洗剤より多く必要である。石けんのほうが環境にいいとは必ずしも言えないのだ。

そんなわけで何が何でも石けんにこだわるよりは、洗浄剤を使い過ぎないように配慮することが大事だと知った。

まずはなるべく兼用できるものは兼用し、種類を減らしたいと考えたのだが、それが結構難しい。

手洗いには食器洗い用の洗剤を使ったり、最近はあまり使わなくなって残っていた洗濯用の液体石けんを薄めて使っている。食器洗い用の合成洗剤はハンドソープと使い心地はほとんど変わらない。洗濯用液体石けんは、石けんらしいキシキシとしたつっぱり感が多少ある。かなり薄めているせいか、肌が荒れて困るということはないようだ。石けんは、泡立つ間は洗浄力があるといわれている。シンプル組成の液体石けんは、濃度を加減すれば幅広い用途に使えそうだ。

水の中のカルシウムと石けんが結合すると石けんカスになる。石けん量が少なかったり、すすぎのときにできやすい。肌がつっぱるのは石けんカスが原因といわれている。また酸や水に触れた石けんは水素イオンと結合し、ベタベタする脂肪酸に変化することもある。といった具合に、石けんの界面活性剤は、洗浄力を発揮する前に変化して失われてしまう分解しやすいもののようだ。そこが合成洗剤よりも毒性が低いという長所でもあり、使い勝手の悪い短所でもある。

石けんは、手洗いの洗濯やちょこちょこ掃除、ハンドソープなど全身洗いに使っている。手洗いの洗濯では、石けんを大量に使う必要もないし、水をよくきりながらすすげば、水量も抑えることができる。煮洗いに使うと最強の洗浄力を発揮してくれる。

しかし、純石けんは洗浄力は高いが皮脂をとり過ぎるようだ。その点、低温で時間をかけて熟成させた手作り石けんは、原料油脂が石けんの中に残っているので、洗浄力は純石けんほど高くないが肌にやさしいといわれている。でも非常に高価。洗濯用と全身用の石けんを使い回す困難さはここにある。

万能と評判の液体石けん

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自然丸 液体せっけん 詰替用(400ml)
価格:216円(税込、送料別) (2020/5/20時点)

わたしはたまにしか石けんでからだを洗わない。ちょこっと泡立ててササっと洗い流す使い方である。日ごろは湯洗いしかしない。たまに手で泡立てた石けんで髪全体をザっと洗うこともあるが、キシキシもべったりもしないのでリンスもしない。泡立ちも気にしない。それより一刻も早く洗い流したくなる。そんな使い方でもほどほどにさっぱりするし、乾燥して困ることもない。湯シャンに慣れると、髪や頭皮のにおいも気にならなくなった。個人的には毎日たっぷり泡でじっくり洗うのがよくない気がしている。そんなひまがあったら、ゆっくりお湯に浸かるほうがいい。

全身洗える皮脂をとり過ぎない石けん

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

洗顔・全身洗えます!【釜焚き 米ぬか石鹸】無添加石鹸本舗 お肌に優しい無添加石けん 敏感肌の方にも人気 つるつるすべすべの洗い上がり 無農薬米ぬか配合
価格:880円(税込、送料別) (2020/5/20時点)

石けんと違って使い勝手のいいシャンプーはシャンプーで使い過ぎそうだ。よくわからない添加物もいっぱい入っているので、なるべく使わないようにしている。

合成洗剤は、洗濯機の洗濯用と食器洗い用の2種類を使っている。石けんよりも節水できるからだ。洗濯用は泡立ちが少ないタイプで、食器洗いは薄めても泡立つタイプで種類が異なるので兼用できず。

洗濯洗剤の量はきっちり測って使い過ぎないように心がけている。

節水洗濯洗剤

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤシノミ洗剤 ヤシノミ洗たく洗剤 濃縮タイプ つめかえ用(900ml)【spts5】【slide_e1】【ヤシノミ洗剤】
価格:856円(税込、送料別) (2020/5/20時点)

なるべく洗浄剤の種類を減らしたいと思っているが、用途別になっているのにはそれなりに理由があるとわかった。使い勝手と健康と、環境にコスト、釣り合いを考えながら選んでいこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください