部屋着に見えるワンピースを外着にするお直し方法

heyagi sotogi onaoshi

薄っぺらだった体型が、今やすっかり分厚くなって、動きやすくて楽な洋服しか着られなくなった。

太ったとはいえ、残念なことにバストが小さいせいか、ずんぐりむっくりしてめりはりのない幼児系おばちゃん体型が災いしている。大好きなシンプルでゆったりしたナチュラル系のワンピースは、どうにも部屋着か寝間着にしか見えないのだ。

ゆるっとラクなのはいいのだけれど、だらしがなくて格好悪い。

そんなとき、洋裁はできないが、わたしは自己流のお直しをしてしのいでいる。

上半身をつまんで小さくするワザ

体型にめりはりがないので、洋服にメリハリをつけるといいようだ。

わたしの場合、背丈も胸も小さいので、襟ぐりを小さく、上半身の布をつまんで細くして全体のバランスをとる。

手も短いので、長袖であれ半袖であれ、丈を短くしたほうが見栄えがいい。

上半身の前身ごろにタックを入れる

たいていわたしには大き過ぎる襟ぐりを小さくするついでに前身ごろにタックを入れる。適当に折りたたんで縫い留めるだけでいい。襟ぐりで留めるだけでもいいが、上半身の適当なところまで縫ってしまうと、上半身がすっきりして下半身がふわっとしたラインになってメリハリができる。

上半身の脇をつまむ

前身ごろのウエストあたりの布をたたみ、くの字に縫い留めると、ダーツといわれるウエストのくびれらしきものを作ることもできる。

また、袖ぐりがゆったりした半袖の場合、腕を上げると下着が丸見えで格好悪いことがある。

そんなときは、袖ぐりから脇のポケットの上あたりまで、一気につまんで縫ってしまう。

脇を適当につまんでウエストラインを作る方法はダーツより簡単。これも上半身をやや細くすることで、下半身のスカート部分がふんわり広がるラインになる。脇が織り込まれて多少不自然な感じになるが、着るとわからない。

まあジッと観察する人がそばにいるとか、洋裁にうるさい人は気になるかもしれないが、他人は自分が思っているほど細かく見ていないものである。ちょっと買い物に出かけるぐらいのわたしなんかはまったく不都合ない。お直ししないでいるより、ずっと自分の体型にフィットして見た目がよくなるのだ。

onepi onaoshi

実際上の図のようにお直ししたワンピースがこちら。

onaoshi onepiece

もとのかたちは下の画像。上半身が微妙に縮まってるの、わかるかなぁ……。袖はかなり短く、やや細くしている。おかげで袖口から下着が見えることがなくなった。やっぱりわたしには大き過ぎるサイズだったようだ。

わたしは日ごろから自分でお直ししやすいシンプルなつくりの洋服を選ぶようにしている。しかし、こういうナチュラル系のゆったりしたワンピースは、ワンサイズで大きいものが多い。

onepiece check

お直しをしていると、洋服は、数センチつまむだけでも着心地や印象が変わることがわかる。この程度のお直しは、手縫いで簡単にできるし、失敗してもいくらでもやり直せるので、だんだん自分サイズがわかってきたように思う。

あまり着ていない手持ちの洋服がよみがえるかもしれない。一から洋裁は敷居が高いという方も、よろしければプチお直し、チャレンジしてみては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください