気づけば寝床づくりに余念がないわたし

ガサゴソと寝床づくりに余念ない妻は着ぶくれ

「ガサゴソ」というのはアルミシートの騒がしい音である。このところシートを挟む位置をあれこれ試行錯誤するのに忙しい。先日はちょっとお高め静音タイプのものを購入。疑っていたが、なるほどしなやかではるかに静かである。ガサガサとやかましいシートより扱いやすい。

上下アルミシートは室温10度以下でないと暑くて寝苦しいかも

あたたかな陽気はありがたいけれど、アルミシートの寝床を試すには少々寝苦しい。

敷き布団と敷きパットに挟んでいたアルミシートを敷き布団の下に移した。敷き布団の下には、昨年から愛用している保温マットが既に敷かれている。発砲スチロールのマットとアルミシートが合体したようなこんなヤツ。

そのマットをアルミシートでくるんで固定。なるだけガサゴソしないようにした。

からだから幾分遠くなったアルミシートの保温力はいかがなものかと試してみたところ、電気毛布のようなおそるべき保温力は変わらず。去年から使ってたアルミマットとは比べものにならない。この違いは何なのか。アルミシートはぺらぺらのままだとガサゴソして扱いにくいが、アルミマットをくるむように固定すると、マットごと折りたためて便利。からだから遠くなった分、音もマシになった。

アルミシートを上掛けする場合は一番上が適当である。ただし、汗をかいて下のふとんや毛布が湿るとめんどくさいので、一枚シーツを挟んでおくといい。

ガサゴソとうるさいほうのシートは静電気か何かでシートはうまいぐあいに布団からずれないのだが、静音タイプはするりとなめらかで布団からずり落ちやすい。シーツに洗濯ばさみか何かで留めておくといいかもしれない。

こんなとき、裁縫用の小さなクリップがあると便利である。裁縫用は小さいが紙用や洗濯ばさみより強力で丈夫。いろんなところで重宝する。

上下アルミシートを使うと、布団の中は魔法瓶状態になる。それほど寒くない日は熱がこもって寝苦しくなるので注意が必要。

寒い日は最小限の布団で軽く、薄着でもあたたかく眠れそうである。

オットも上掛けに使うようになった。

スポンサーリンク

非常時用アルミ温熱シート、電気毛布に負けず劣らず

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください