もんぺが平気になった日

monpe heiki

冬のわたしのユニフォームは綿入りのキルトもんぺである。

当初は何となく恥ずかしくて、人目に触れるようなときはいそいそと着替えていたりしたものだったが、あまりにあたたかく快適なので、気づけばそればかり履くようになって、そのうち配偶者に「似合う」と言われて喜ぶようになっている。

今シーズン、いそいそと「やっぱりこれこれ。」と出してきた。

久留米織りもんぺは上等で高価

もんぺは一度履いたらやめられない。実に動きやすいパターンでできている。生地が伸縮しないにもかかわらず、膝の曲げ伸ばしも自由自在である。

こうした伝統のデザインで忠実に作られているもんぺは、久留米織りなど着物用の生地で作られていることが多く、上質なだけに安くないのが玉に瑕。

しかし、つくりも生地もいいせいか、非常に長持ちするため損はしない。量販店のルームウエアのように、ワンシーズンで毛玉だらけになって処分なんてことがないので、今風に言えばサスティナブルファッションなのだ。

わたしのは、たまたまメルカリで破格だったものを見つけたものである。気に入った柄ではなかったものの、新品の一点もので、さんざん迷ったあげく安さに負けた。

うるさい色柄が気がかりで、毎年のように買い換えたいと思案するものの、やはりもったいないというので断念してきたのだ。

ところが今年はどうしたことか。「これはこれでかわいいではないか」と思えてきた。

ここ数年、もんぺ風のパンツデザインも一般化してきて、ワンピースやスカートの下に履いたままでも平気になった。裾からちょっとのぞく程度の柄などどうでもいいような気もしている。

そういえばこの頃、あれほど人目が気になって断念した白髪ヘアも、以前ほど気にならなくなってきて、ヘナ染めしなくなっている。先日、美容院の人にも白髪染めしない人が増えてきているという話を聞いて、勇気がわいてきたのだ。

自分が年を取って変わるだけでなく、世の中も変わっていくんだなあ、とつくづく思う。

それでも、キルトもんぺの優秀さは今年も相変わらずである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください