【湯シャン】「こんぶとふのり」シャンプー考察

ガゴメ昆布やふのりでシャンプーを作ってみたいと思っていたんですが、近所では入手困難。

余計な調味料が入ってるものが多い。

めんどくさくなって、ケンコーコムの買い物ついでに粉末になった「こんぶとふのり」を買ってみた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こんぶとふのり(5g*5包)【美容文化社】
価格:783円(税込、送料別) (2019/5/28時点)

「こんぶとふのり」多めの水で煮出してみた

hunoritokonbu2

ほんとはカップ1杯のお湯で1袋5gの粉末を溶かして「こんぶとふのり」ペーストを作るようなんですが、わたしは鍋に333gの水と「こんぶとふのり」1袋入れて5分煮たものを濾しました。

konbutohunori2

これぐらい薄めると、海藻臭が気にならなくなります。苦手な人は、エッセンシャルオイルを合わせるといいかも。

これだと数回洗髪できます。

冷蔵庫でしばらくは保存できると思うんですが、多過ぎるので半量にすればよかったです。

ふのり3gまたはガゴメ昆布5gに水200ccでシャンプーを作っている方のものを参考にしました。

見た感じ粘りはないですが、ヌルっとした触感。水の量はもっと少なめでもいいかも。

わざわざ鍋で煮なくても、熱湯で溶かすだけでいい気もしますが、煮たほうが粘りが出るということなので、今回煮てみました。

じつは煮出し昆布でもシャンプーを作ってみたことがあるんですが、においも触感も今回の「こんぶとふのり」と大して変わりません。(煮出し昆布のほうが粘り少なめ。)

粘りのある昆布は高価なので、シャンプーは手軽な価格のだし昆布でもいい気がしないでもありません。

「こんぶとふのり」シャンプーの洗いあがり

「こんぶとふのり」は、だし昆布より適度なぬめりがあって髪になじみやすい。

湯シャンやヘナ染めの合間にときどき使うにはいいと思います。

洗いあがりやわらかな感じで、髪がごわごわするようなときによさそうです。

湯シャンしていると、地肌が脂っぽくなったり、カサカサ乾燥してフケが出たり、たまにかゆくなったりするなど、頭皮や髪の調子の変化がよくわかるんですよね。

湯シャンが快適にできるようになると、基本的にあまり洗髪しなくてもよくなります。だから正直、たまに使うシャンプーは、石けんや洗剤じゃなければ、昆布だろうがハーブだろうが粘土でも何でもいい気がしてます。

たまにしか使わないことを考えると、「こんぶとふのり」の5gずつの袋入りは使いにくいし、ちょっと高いかなぁ……。

こんど試してみたいハーブシャンプー「香る髪」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください