早寝早起きするなら寝具を軽量化してみては

sunday-1358907 暮らし

敷布団を軽いものに変えたら、早寝早起きがしやすくなりました。

とくに夏はふとんの上げ下ろしがとってもラク。

このちょっとした影響がけっこう大きいと思うんですよ。

スポンサーリンク

敷布団はそのまま毎日干せる

わたしは毎日敷布団を室内で干してます。

こういう専門のラックがなくても、

手持ちのこういうハンガーラックでもじゅうぶん干せます。

こういう3段ステップの脚立でも干せますよ。

片手でも持ち上げられるほど軽いと、干すのも敷くのもかんたんでおっくうになりません。

起きたらすぐ布団が片づいて気持ちいい。

寝るときも乾いた布団がサッと敷けるので、フラットシーツをきれいに敷き直せば就寝気分も高まります。

早寝早起きへと動きやすくなるんです。

寝具シンプル化と軽量化はけっこう大事みたいです。

重量3kgだとラク

もともと固いのが好きなので、薄い敷布団は平気なのです。

重量3kgという軽さと低価格にひかれて化繊ふとんにしてみました。

もともと安いのにセールで2,000円しなかったもの。

これが今のところ大成功。

耐久性はわからないけれど、古くなったとき処分しやすいのもメリットです。

化繊の敷布団、馬鹿にしてはいけません!

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へにほんブログ村 その他生活ブログ お金(生活)へにほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
暮らし
スポンサーリンク
スポンサーリンク
家事ブログ

コメント