身の丈に合った連休の過ごし方

goldenweek

10連休いかがお過ごしでしょうか。

仕事で連休じゃないという方もいると思いますが、うちもほぼふだんと同じように過ごしてます。

それでも、ずっと先延ばしにしてきた障子の張替えや、なかなかできなかった庭仕事ができて満足。

こんなふうに身の回りのことをゆっくりできる時間があるというのは贅沢なことなんですよね。

ゆっくり時間をかけるのも贅沢

連休というと、旅行や帰省、外食やショッピングでお金を使うことのように巷であんまり言うので、そうしないといけないような感じになってて、そうしたくてもできないと、もう楽しめない、と思い込んでしまうところがあったんですね。

「出国ラッシュ」のニュースを見て、「なんかおもしろくない」などと思いながら過ごしてた時期もありました。

でも、だんだんライフスタイルが多様化してきて、シンプル化、ナチュラル志向、断捨離やミニマリストブームなんかを経て、ようやく「うちはうち」と身の丈ライフを考えられるようになりました。

そういえば、

母の日になんにもしない それがうち

という小学生の俳句が注目されたことがありました。

みんなと同じことができなくてほかと違っても、それを不満に思うんじゃなくて、面白がれるくらいになったほうが得です。

休みの日、お金が使えないなら時間を贅沢に使ってみるというのがわたしのおすすめ。

ゆっくり読書、ゆっくりお風呂、ゆっくり片づけ、ゆっくり裁縫、ゆっくり掃除。

ゆっくりじっくり丁寧にするだけで、家事ですらちょっとしたお楽しみになることがあります。

ゆっくりたっぷりウォーキングというのも素敵。お金を使わなくても旅気分は味わえます。

いっそこの連休、お金を使わないチャレンジをしてみるというのもおもしろい。

時間があったらやってみたいと思っていること、お金があったらやってみたいことと同じぐらいあるんじゃないでしょうか?

日ごろ時間がなくてできないでいることを時間を贅沢に使ってやってみる、この連休はまたとないチャンスかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください