起毛素材の敷パッドに寝具衣替え

cat-2725996

寝るときはそうでもないのだけれど、朝が寒い。

そこで綿シーツから起毛素材の敷パッドに変えました。

掛け布団はそのままでもあったかい

寝るときはもうさすがに暑くはないけれど、まだあったかい。

朝寒いとき用に、毛布を足元に置いていたりしたのだけれど、寒さで目が覚めてしまうのがもったいない。

そこで、思い切って敷パッドを冬仕様にしてみました。

これならもう寝るときも暑苦しい感じはしないし、思った通り、朝もぬくぬくでちょうどよかった♪

毛布もいらないし、掛け布団もまだ一枚でよさそうです。

うちは底冷えする古い一軒家なので、冬は敷布団の下に断熱シートを敷きます。

実は敷パットもアルミシート入り。

こんな感じの。

夏と逆で、冬は敷布団が熱を逃さないことが冷えない秘訣。

でも、個人的には硬い布団が好きなので、あんまりふわふわやわらかいのは苦手。あったかいのはいいんですが、疲れるんですよね。

冬は寝具が重装備になって、上げ下ろしがめんどうになるのも悩みの種。

どこかのミニマリストみたいにキャンプ用の寝袋で寝ようかしらって思います……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください