田舎はエアコンなしでもどうにか寝られます。

heat-3571028

今年はエアコンいらずの地域でもエアコンなしでは危険な暑さだと言われてますが、うちはもともと2階にポンコツなエアコンが一つあるだけ。

さすがに今年はその唯一のエアコンがときどきがんばってくれてますが、1階で過ごすわたしにはほとんど恩恵がない。

開けっ放して扇風機かけて

これはもう田舎だからできること。

都会育ちだからわかります。街中だと窓や扉を開け放しても涼しくないどころか室外機の温風でむしろ暑いんですよね。防犯上開け放して寝るなんてこともできませんし。

その点、田舎はよいです。25度は熱帯夜というけれど、25度ぐらいだと風通しよくすればじゅうぶん涼しいんですよ。田舎に暮らすようになってはじめて知りました。

もちろんかなりの薄着ですが。

寝苦しくて困る日もないわけではないけれど、案外少ないんです。

2階の家族によると、エアコン疲れのほうがしんどいとか。

もちろんわたしも連日の暑さで疲れてます。とくに夕方の台所仕事はつら過ぎて、エアコンほしいと何度思ったかしれません。

だけどエアコンはときどき涼みに行くぐらいが丁度いいとも思うんです。

夏の暑さは天然の試練なわけですから、ある程度はからだの調整力でどうにかしのいでいるほうがからだに負担がない気もするわけです。

とはいえ命に関わる危険な暑さなので油断禁物なんですが。

エアコン、夕方の台所にはぜひほしい。

エアコンがないと夏の電気代は少なくてすむけれど、体調崩して医療費が増えた!なんてことがないように気をつけます。

扇風機のリズム送風がいい感じ

寝るときは扇風機をリズムにすると疲れなくてよいです。

扇風機の電気代、数時間1円だとか。ぜひもっと活用したい。

senpoki1518

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください