使い過ぎない便利でお得なカードの使い方

ご覧いただき、ありがとうございます!

iphone-624709

貯金したい人や赤字家計の人はクレジットカードを持ってはいけないと言われています。なぜなら、カードは現金より使い過ぎてしまう傾向があるからです。支払いはずっと後になって口座から引き落とされるので、お金を使っている実感がわかず、お金の管理もずさんになって、つい財布のひもがゆるんでしまうんですね。

だからカードは販売側にとっては願ったりかなったりのサービスなんです。

カードを使う側も乗せられてばかりいてはダメです。きちんとお金の流れを把握すれば、カードだって現金と同じです。カードならではの利便性やお得なサービスを受けてハッピーなお買い物したいと思いませんか?

ごまかされない損しないためにわたしが実践しているカード会計の方法を紹介します。

スポンサーリンク

カードで買ったもの、いつでもすぐ見れるように記録。

1.カードを使ったら即記録。

カードで買ったものは、いつでもすぐ確認できるように記録します。記録の仕方はそれぞれやりやすい方法を模索しましょう。めんどうで挫折しそうな方法は避けます。

わたしはすぐに手書きの家計簿の今月のカード利用欄に記帳します。カードの利用を知らせるメールサービスに登録しておくと便利です。支払い予定の月も書いておきます。

2.いつでもすぐ見れるように記録。

気になったらいつでも確認できるところに記録します。ネットでそのつど調べないと見られない状態はいけません。少なくとも今月分はまとめていつでも見られるようにしましょう。

いつでも簡単にチェックできるようにしておくと、「今月はたくさん使ったな」といったことがすぐわかるので、あとでビックリするような使い過ぎはまずしなくなります。

楽天カードしか使いません!

クレジットカードは1枚に絞り、年会費無料のものがオススメです。

今月支払い予定の明細を把握する。

カード会社から支払い明細が来てから確認するのではいけません。

今月の支払い予定はカードを利用した時点である程度わかっていますよね。カードの利用記録をつけていれば、あらかじめおおよその見当がついているはずです。

最近はネットでリアルタイムに把握できるようにもなっています。 わたしはいつでもすぐチェックできるように今月支払い予定の明細も書き出すようにしています。今月の支払い額を意識するようになると、カードで衝動買いなんてこともできなくなります。

カードの利用と支払いの二つを記帳管理する。

カードを現金と同じ感覚で使うには、利用時の記録支払い時の記録の2つをしっかり管理することが大事なんですね。記帳の仕方はスマホでも手書きでも何でもかまいません。いつでも見たいときにパッと見られるようにしておくと、何にどれぐらいカードで買い物したかが把握できて安心です。

こうすれば、「これ以上は使いたくても使えない」といった限度がちゃんとわかるようになります。だからまず使い過ぎる心配がないんです。安心してカードならではの現金を準備する手間がない利便性やポイント割引などの特典を思い切り満喫できますよ。

ネットショッピングではクレジットカードが使えないとほんと不便です。これからは、限度をわきまえてじょうずにカードショッピングしたいですね。

ただし、くれぐれもリボ払いやカードローンは利用しないようにしましょう。利息の高い借金と同じなので得することはありません。ポイントプレゼントなどといったキャンペーンに惑わされないように気をつけてね。

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク